--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.05.17

超大作。

優れた芸術はそれが生み出された時点では
前衛さのあまりに、大衆には受け入れられ難い。

って三島由紀夫は言ってたけれど・・・



それって、これのこと?

ウチ(実家)の車庫のシャッターに、
数年前におじいちゃんが描いた富士です。
おじいちゃんは、とにかく富士山が大好きで、
この他に以前はトイレにも作品があって、
我が家ではみんな、それを見ながら「足す」感じでした。(失礼)



細かい所も、けっこうちゃんと描いてます。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/98-91f5702e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
trapeziumさん、おかえりなさい。

新潟は、なじらったね?
そうらかね?この富士山、ねかったかね?
変らねぇ、有名らのにねぇ。
(↑帰ってきたのに、なぜか新潟弁で迎える人)

あ、一応お伝えしておきますが、
ここは「実家」ではないです。というか実家の別棟の車庫です。
さすがに家のシャッターにこれは「かんべんして」って感じです。(笑)

レインボータワー?どこでしたっけ?
さてはかなり都会の方?
Posted by littleblue at 2006.06.23 01:25 | 編集
あっ!
富士山だ!!
おじいちゃん、グレートですね。
ゲージュツカ!
ここがlittleblueさんのご実家ですかー、分かりやすいっ!(?笑)
新潟にいましたが、残念ながら、富士山には出会えなかったぁ。
うちから見えたのは、「レインボータワー」。
友達に近所に富士山ないか、聞いてみちゃおう(笑)。
関係ないですけど、夫の実家の近くで、「フジヤマ」という丘(?)には出会いました(笑)。
1ヶ月を取り返して読ませてもらいました。
Posted by trapezium at 2006.06.22 15:10 | 編集
オリーブさん、そのお言葉、おじいちゃんに聞かせたいです!
ありがとうございます!

トイレバージョンはですね、
僕は東京に越してきてしまってはっきりとは覚えていないのですが、
だぶん、壁の老朽化い伴い、プチリフォームをして
その際に取り外されたのだと・・・でも、それはいずこへ?

ああ、富士山の前で堂々と立ちションできる、
おそらく唯一のスポットだったのになぁ。(笑)
Posted by littleblue at 2006.05.18 00:28 | 編集
フラニーさんへ。
この富士はどこからなのでしょうね。
たぶん、おじいちゃんの心の目からだと思います。

手前の風景、トイレにあったのもこんな感じで、
僕としては「殺伐としてる」と感じていたのですが・・・
フラニーさんに「好き」と言われて、なんか良く見えてきました。(笑)

新潟へお越しの際には、この新名所、是非探して下さい。
なんなら「→こっち」っていう立札たてときますから。
Posted by littleblue at 2006.05.18 00:20 | 編集
こうめさん、そちらの「じいじ」さんも素敵そうですね。
普段は意外と周りも楽しく受け止めているもんですよね。
今はやりの「武勇伝」にしちゃう、いいね。

「どこか大きくて、見えるところ・・・」、
そこまでは、誰でも考えますよね。
でも、実際に描いちゃうのは、やっぱ武勇伝!!
Posted by littleblue at 2006.05.18 00:12 | 編集
一応、誤解のない様に書いときます。
↓下のコメントは、たぶん僕の親戚からで、
まだちょっと慣れていないので、
「littleblue」で書き込んでしまったっぽいです。すんません。

で、初コメントありがとう。
おばちゃんの子どもの頃のお風呂にも?
ホント好きだったんだね。
僕たち家族は、他にも戦艦とか色んなものを造ってもらったね。

トイレの富士山は・・・
おじいちゃんの仕業じゃなかったら誰だっていうの!(笑)
Posted by littleblue at 2006.05.18 00:06 | 編集
そういえば・・・子どもの頃住んでいた家のお風呂の壁にも、大きな富士山があったヨ♪
ってお母さんが言ってた(^^)
トイレの富士山おじいちゃんが書いたんだw(・o・)w
Posted by littleblue at 2006.05.17 23:03 | 編集
これ、シャッターの線がなかったら、
写真に見えますよ。上手!!
トイレの富士さんが見られなくて残念。
その絵は、いずこへ?
Posted by オリーブ at 2006.05.17 22:57 | 編集
おじいちゃん、すごい方ですね!
今でもきっと、自分の描いた富士山を、しっかり心の目で
見ておられるのでしょうね。

富士山って、見る方角によって、微妙に形が違うから、
おらがまちから見る富士山が一番だっ!って
よく自慢になりますもんね。
この富士山は、どこから見た富士山なんでしょう。
手前の風景の感じ、好きです。

お風呂に富士山は聞くけれど、トイレに富士山って、珍しい!?
新潟に行ったら、富士山の描かれた車庫がないか、キョロキョロ
してしまいそうだなー。(笑)
Posted by フラニー at 2006.05.17 22:19 | 編集
ふふ。
おじいちゃん、富士山が大好きなんですね。

新潟でも、毎日ふと、富士山を拝めるなんて
いいではないですか!

どこか大きくて、見えるところ・・
っていったら、ここになったのかな。

じいじと手をつなぐのは、夜でよく見えないときとか、
車の乗り降りとか、大きな段差とかです。
何もかも伝わってしまいそうで、どきどきします。
本人は、がんこで強烈な江戸っ子キャラなので
ひとりで何でもできると言い張ります。
まわりは振り回されっぱなしですが、みんなそれがたのしくて
じいじの武勇伝を集めては披露し合っています。

この富士山も、なかなかの武勇伝ですねー
Posted by こうめ at 2006.05.17 07:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。