--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.27

原点です。

今から約3年半前、ある方から3冊の絵本をいただききました。
その中の1冊として、この本に出会いました。

「 あおくん と きいろちゃん 」
  レオ・レオーニ・作
  藤田圭雄・訳




This is little blue.
「あおくんです」

あおくんも、きいろちゃんも、友だちも、
みんな「自分の色」を持っています。
だけどあおくんは、
きいろちゃんに会えてうれしくて
もう、うれしくてうれしくて、
あれれ、ふたりの色が変わっていく・・・


人はそれぞれ自分の色を持っているとしたら、
その色は他人と出会うことで変わっていくんですね、
きっと。
お互いの色を映し合って、
それじゃ足りなくて、重なり合って・・・

自分の色を守ることは、とても大切です。
だけどそれは時として、「閉じる」ことにもなってしまう。
だからもっと開いて、
自分自身に映った他人の色も、しっかりと見つめたい。
「守る」より「合わさって」、
よりいい色になっていきたい。


大好きな人に会えてうれしい時、
僕たちの色も変わりますよね、きっと。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/80-f7a14a59
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ま、まさか、「フラニー」さんが富良野から来ているなんて・・・
たぶん、富良野の人くらいしか想像できないのでは。(笑)
でも、なんかおしゃれ。
しかもご夫婦で。ご主人さんは「フラオ」ですか?
(ベタなこと言って失礼しました)

サリンジャーの小説の方も読まれているんですね。
trapeziumさんもご存じの様ですし、
皆さん、ホントよく読んでるなぁ。
Posted by littleblue at 2006.04.29 07:57 | 編集
trapeziumさん、そう!たとえはたとえ、でも、面白い!

「言葉遊び」の世界だけになってしまっては、危ないですが、
ほどよく言葉を使って、僕たちは「別の世界」へ遊びに行ける!

よく現実的な話だけをしようとする人がいますが、
ただ現実をなぞっても何も進歩しませんよね。
(時には必要ですが・・・)
それより、言葉を使ってまず「理想」を創ってみることの楽しさ、大切さ、
あなどってはいけない気がします。

あっ、ズレた。やばい、逃げろっ!

trapeziumさんのコメントからは、
僕の記事をよく読んで下さっていることを感じます。
本当にありがとうございます。
Posted by littleblue at 2006.04.29 07:41 | 編集
わぁ、そう言われると白もいいですね!

あ・・・フラニーはですね、ゾーイの妹のフラニーでは
ないのですよ。
そうかぁ、悩み多きフラニーちゃんでもいいですね!

北海道の富良野が好きで、富良野には富良野を愛する人たち
=フラニストがたくさんいるんですよ。
で、夫婦でその会のすみっこに入れてもらって満足している
というわけです。^^
フラニストじゃ長いから、略してフラニー。

これから、両方の意味をかけて使おうかな。
Posted by フラニー at 2006.04.29 00:44 | 編集
>人間って「変り続けている状態」が本来の常なのでは?
 
わたしは、その状態ですね^^
変わらないということの方ができないです。
大人だって、成長するもん☆
「万物は流転する」・・・・
誰の言葉かしら??
(猛ダッシュで逃げろ。だ。)

「ひとには色がある」という言い方はどうかな、とも思っていたlittleblueさん、わかります。
わたしは、自分の色をこれと決めても、明日はどうかわからないけどなんて、おもってました。

フラニーさんの
あわさりすぎて、濁った汚い色にならない程度の
自分色は残して・・・。
というのも、
そうなの!と思いました。
あ、わたしも、気になってたんです、フラニーさんはゾーイーの妹のフラニーさん?って。シーモアグラース?(横入り、ごめんなさい。)

たとえは、あくまでも、たとえなんですね~。でも、楽しかったり、考えさせられたり。

祭りは終わりっ。
Posted by trapezium at 2006.04.28 07:47 | 編集
フラニーさん、僕がlittleblueに思えたなら、
それはそれで嬉しい(?)かも、です。

残念ながら、
例えば絵の具なんかは多くの色を混ぜれば混ぜる程、
どんどん汚い色になっていくんですよね、黒に近い(黒も好きですが・・・)
だから、フラニーさんが言う様に「自分色は残して」が大切ですね、きっと。

余談ですが、「デザイナーは強靭な白紙であるべきだ」と言った人がいます。
白紙とは「何もない」でありながら、
あらゆるものを受け入れることができ、
しかも、光を一番強く照り返すことができる、と。
だから、白もステキ。

「フラニー」さんは、サリンジャーの小説からですか?
読んでませんが、こないだ本屋さんで見かけてピンと来ました。
Posted by littleblue at 2006.04.28 07:33 | 編集
jasuminさん、ご安心を。
僕も縮こまっちゃうタイプです、実は。

シルヴァスタイン、あのイカツイ顔の方ですよね。大好きです。
自分の色を認める、理解することから始まる、そうですね。
僕はまだ自分の色に充分な自信がないかな。
だから上手く映し合えないことが多いです。

人と人の関係って、どちらが影響力が大きいとか無い様な気がするんです。
二人が会った瞬間にその二人でしか創り得ない「50:50」の関係。
そういうものが出来る様な気がします。
だから「合わさる」こと。コンビネーションかな、と。

また、機会があったら「暴走」しに来てください。(笑)
Posted by littleblue at 2006.04.28 07:21 | 編集
ちょっとこの「ひとには色がある」っていう言い方はどうなのかな?
とも思ったのですが、オリーブさんに同意してもらえて嬉しいです。
オリーブさんの、ベースの色はやっぱオリーブでしょうか?

ホント、日々変わるんですよね!
それが気持ちよくて、ご機嫌だったり、
苦しくて、ちょっと戻してみたり・・・
色々ありますが、おもしろいですね~。
Posted by littleblue at 2006.04.28 07:08 | 編集
trapeziumさん、楽しんで頂けてうれしいです。

できるだけ「今の色」に固執したくないですね。
でも、昨日ふと思ったのですが、
人間って「変り続けている状態」が本来の常なのでは?って。
人間の心が「不安定」なのが常なのと同じ様に。

なんだか、ヘヴィーなお話になってしまいました。すんません。
ほんとに、この本と、そして皆さんに出会えてよかったです!
Posted by littleblue at 2006.04.28 07:03 | 編集
あ~、そうです、こうめさん。
でも、こないだ古本屋さんで、
別のリトルブルー(怪獣みたいなキャラクター)の本を見つけて
こっちだと思われてたらどうしようって、ちょっとシンパイでした。
でも、「aokun」ってのもいいですね。
Posted by littleblue at 2006.04.28 06:55 | 編集
わぁぁ・・・・書きこんで、慌ててます。

littleblueさんのお名前は、あおくんからかな?
ってことで、littleblueさんが青色ってわけじゃあ
ないですよ~。(汗、汗)

どうしてこんなに表現力がないのか・・・ごめんなさーい!
Posted by フラニー at 2006.04.27 22:24 | 編集
あ、間違えてる。
littleblueさん、お名前間違えてごめんなさい。
Posted by jasumin at 2006.04.27 22:23 | 編集
わたしもlittleblueさんは、あおくんって思ってました。

いろんな色があわさって、微妙ないい色になりたいなァ。
あわさりすぎて、濁った汚い色にならない程度の
自分色は残して・・・。
Posted by フラニー at 2006.04.27 22:22 | 編集
『Let's be green !』ですね。

一人で暴走して語りそうな気がして躊躇します(笑)
だって、私にはこのお題きつーいんですもん!
大好きな人に会えて嬉しい時、だって、ぎゅって縮こまっちゃうんですから。
あ、そんな個人的な話じゃないですね。(笑っとこ!)
ジャン・シルヴァスタインってご存知ですか?よね?
「ぼくを探しに」「ビッグ・オーとの出会い」と重なります。
きっと自分の色をきちんと認めることが出来れば(そして好きになれれば)、「合わさって」他のきれいな色にもなり得るんだろうなって、今はなんとなくそう思います。
自信がないから守るのかな?怖いから閉じてしまうのかな?
「合わさって」って、なんかイイですね。
サラッと出てきました?この言葉。あったかい感じがします。

littlublueさんは、何色に変わるのでしょうね?
Posted by jasumin at 2006.04.27 22:13 | 編集
ほんと、ほんと。
私も、いろんなたくさんの人の色をもらって、
日々、色が変わっていますよ。
おもしろいですね~
Posted by オリーブ at 2006.04.27 19:14 | 編集
いろんないろになりながら、
生きてくんでしょうね!
最後はなに色なのでしょう。
どんな色も、素晴らしいと思えるように。
littleblueくん、「原点」に出会えてよかったです。
こうして、楽しいものを見せてくれます。
Posted by trapezium at 2006.04.27 17:02 | 編集
あー・・

わたし、ぜったい
littleblueさんの名前はあおくんだって、
思ってましたよー
Posted by こうめ at 2006.04.27 16:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。