--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.09

見えないから、視てしまうもの。

今、ジョギングしてきました。このくそ寒い夜中。
東京の夜って明るいですよね。
僕の生まれ育った田舎なんて、街灯が数十メートルに一つくらいしかなくて、
夜は本当に暗い。そして恐い。
大人になった今でも、夜中ひとりで歩くのはけっこう恐いです。

でも、暗くて見えないからこそ、
視線の先に視てしまうんですね、想像の世界を。
「あの木の向こうに…」とか「あの大きな影は…」とか。
そうやって勝手にビビリながらも想像力きたえられてましたよ、きっと。
ネオンやヘッドライトに照らされて「見えちゃった」ら、
想像する部分がない。全部そのまんまなんです。

やっぱり「不便」だからこそ、活きてくる感覚ってありますよね。

この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/8-7e3470aa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ありがとうございます。

まずは、はねうたさんご婚結おめでとうございます。(まだ早い?)
安心してください、僕も夜道は泣きそうになりますから…
今後は新しい住まいからの景色とか星空なんかのイラストが見れるのかな。
そう、分からないからわくわくすることもありますよね。
まさに、今のはねうたさんの心境?


オリーブさん、はじめまして。
遊びにきてくれる人が増えてうれしいです。
確かに子どもって何もなくても必死で遊びますよね。
土があるだけの園庭かぁ。
みんなで協力してどんどん新しい遊びができそうですね。
でも、おかあさんの洗濯たいへんそう。

僕も今度、遊びにいかせてもらいます。
Posted by Littleblue at 2006.02.09 23:12 | 編集
こんばんは~
はねうたさん経由でうかがいました。

私も まったくその通りだと思います。
子どものおもちゃも、与え放題だと
遊びが全然発展しない。

でも、子どもは紙1枚でも
遊びがどんどん広がってくるんですよね。

娘が通っている幼稚園も、そんなところ。
園庭には土があるだけなんです。

はねうたさんの「不便をたのしめるせいかつ」も、
すごく素敵なことだと思います。

Littleblueさん また、時々うかがわせてくださいね。



Posted by オリーブ at 2006.02.09 20:23 | 編集
さむそう~、ジョギング。
わたしもね、わりと都会やから、明るい夜しか
ずっとしらなかったんです。

今度結婚して住むところは、まっくら、で
星が、たくさんたくさん見えるんですよ。
このまえ、歩いたら、怖くて怖くて、
泣きそうでした。

おとななのに!って自分でびっくり。
でも星が出てる!ってよくわからない勇気。

知らないものは、怖い、でも、どこかわくわく、
しませんか?
今度の家で、不便をたのしめるようにしたいなあ。

また遊びにきますね。
Posted by はねうたゆみこ at 2006.02.09 12:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。