--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.17

連想

カッターを使う度に、思い出す友人がいます。
「カッターって、刃を寝せる様にして紙にあてるとよく切れるんだ」
って、中学生の時にその友人が教えてくれたんです。
それだけ。
たったそれだけで、いまだに使う度に思い出すんです、ホント。
恐いね、連想って。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/72-afc3c25e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
オリーブさん、ありがとうございます。
すごく気にはなっていたんです。
でも、字幕を読むのが遅いので、最近は洋画から遠のいていました。
(くだらない理由ですね)

余談ですが、例えば北野武の映画など、
本当にすばらしい日本映画を見ると、
そこで使われている言語の国にいて、ホントよかった、って思います。
Posted by littleblue at 2006.04.19 07:04 | 編集
「フォレスト・ガンプ 一期一会」すっごく良かったですよ。
littleblueさんも、気に入る映画かと思います。
機会があったら、ぜひ。おすすめです。
Posted by オリーブ at 2006.04.18 23:51 | 編集
オリーブさん、こんな些細な記事に応えて下さってありがとうございます。
なんなんでしょうね?これって。
たった一回の出来事で、しかもすごいこと言われた訳でもない。

ちょっと違いますが、夢も似てます。
全く忘れていた小学校時代の「顔見知り」程度の子が出て来たり。
しかも、一緒に寝てたり。
でもやっぱり、どこかで今の自分をに影響を与えてくれていたんですね。

ゴメンナサイ・・・フォレス・トガンプすら見てない僕です。
Posted by littleblue at 2006.04.18 22:12 | 編集
jasuminさん、思い出させてしまってゴメンナサイ。

プレゼンボードをカットするの、僕、苦手でした。
できるだけ、その仕事からは逃げる様にしてました。(笑)

音楽って、ホントそれを聴いていた時の心境を湧き上がらせますね。
それも、jasuminさんの様に何故か悲しいこと。
しかも、日本のポップスで歌詞もその意味も分っちゃってるとホント悲しい・・・
「ディスモータルコイル」、すみません、知りません。
でも、名前はかっこいい!

こんなに短い記事から、こんなに長いコメントもらえるなんて、
まさに「連想」の力です。
実はこの記事、誰にも見つからなくてもいいや、って思ってたんです。
すぐ次の記事アップしたし・・・
Posted by littleblue at 2006.04.18 22:00 | 編集
ああ~こういうこと、私もよく感じます。
全然親しくなかったりとか、
一度会ったきりの人たちが、物を通じて
私の脳裏に登場したりするんですよね。
そう考えると、
「フォレスト・ガンプ」の映画みたいに、
今まで出会った全ての人がいて、今の私があるのかな。
って思います。



Posted by オリーブ at 2006.04.18 14:03 | 編集
カッターを使う度に、思い出す仕事があります。
2ミリのケントボードをテーパーつけてカットします。手が震え始めます(笑)
仕事で作った何十枚?何百枚?という数のプレゼンボード。
あ、こういうのはトラウマってやつですか。
ちょっとずれてきちゃった。
ずれついでにもう一丁!
この曲を聞くと思い出すっていう現象・・・2つあるのにいずれも悲しい(笑)
ひとつはエゴラッピン。誰かさんを待ってた夏の夜だなぁ。
もうひとつはディスモータルコイル(古すぎてご存じないでしょう・笑)
大好きな友人と友人でいられなくなった頃。
どちらも心臓がぐぐぅっと押される感じ。聴いていられなくなる。
あとでこんなことになるなら、連想させないように囲っとけばいいのに。他の何物とも関連付けないように。
でもそうすると・・・「関連のないもの」からなされる連想。
違う意味で、怖いね、連想って。

あぁ、仕事中におしゃべりしすぎた・・・(笑)
Posted by jasumin at 2006.04.18 11:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。