--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.23

見せること、見えること

「人間がこうありたいと思う姿と、
 実際に人が人を美しいと思っていることとは違いがある。」

「しあわせなデザイン」 深澤直人氏の発言より

例えば、勝負に負けて泣いてしまうこと。
もちろん、本人は好きで負けてるわけじゃない。
「泣いてしまうくらいに」勝ちたかったはず。
だけど僕らには、そんな敗者の涙が美しく見えることがある。

例えば僕らは、当たり前のように、
迷ってはいけない、早く決断しなくちゃいけない、そう思ってる。
確かにそれは、多くの場合、正しいかもしれない。
(というか、そうしといた方が事が進みやすい)
だけど時には、何の戸惑いもなく行動するよりも
ちょっとぎこちないくらいの方が、
その中に、趣や人間的なものを感じとれることがある。

美しい涙、躊躇する姿に感じる愛しさ。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/49-f2da2718
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あら、jasuminさん、直線派でしたか。
ガウディ、僕はよく知りませんが、
天に伸びて行くような印象を受ける建築が多いですね。

「jasumin、jasumin、jasumin・・・」、
呪文のようで、それもまた良し。

もう、完全に脱線しまくり。
Posted by littleblue at 2006.03.25 01:55 | 編集
賢いね、littleblueさん!
じゃあ、一緒に拾いに行きましょう!(笑)
たぶん自分が直線(?)だから曲線に憧れてるのだと思います。
ガウディ好きですし。(あ、さらに脱線)
躓いた石の記事、読みました。検索したからコメント入れようと思ったけどjasuminjasuminjasuminって続くと申し訳ないからちょっと遠慮しときました。(笑)
でもねー、ガウディ好きなんですよ。
あんな生きてるアパートメントに住んで絵を描きたいですね。
Posted by jasumin at 2006.03.24 22:59 | 編集
jasuminさん、ずれてて結構です。
少しづつずらしながら発展させていきましょう!
最後には、また元に戻るかも。(笑)

「こっちが入ったら、あっちが飛び出しちゃったり」、
そうですねぇ。なかなか上手くいきませんねぇ。
たまには、飛び出しちゃった「あっち」を無視しちゃうとか。(笑)
・・・何か、もう言葉上の遊びになってきちゃいました。
すみません。

でも、僕も「直線」と「曲線」、いつもかなり悩まされます。
飛び出しちゃって、その飛び出した所から、
きれいな石ころの一つでも拾って戻ってきましょう!
うん、これまた違うような・・・ 困ったなぁ。

Posted by littleblue at 2006.03.24 22:42 | 編集
私なりに、かなり一生懸命考えたんです。
そしてコメントしてはみたものの・・・
なんだかlittleblueさんの言わんとすることと
ちょっとずれてるような気がしまして。
それです、「ちょっと違う気がする」は。

直線を目指す曲線たち?
きっと目指してもなれないのかな?
許容の長さが決まってるから、こっちが入ったらあっちが飛び出しちゃったり・・・(笑)
でもしなやかなことって大事。
たわむけれども折れない強さ。
なんだかやっぱり脱線しました。

人と話していて(話してないけれど)「そうですね。」と言われることって、おかしいくらいに素直に嬉しい。
littleblueさん、向上心たくさんもってらっしゃる。
Posted by jasumin at 2006.03.24 09:18 | 編集
jasuminさん、「違う」? どの点でしょう?

確かに人間的なものって曲線って感じですね。
直線を目指す曲線たち?
その力の入れ具合のバランスの仕方で、
自分に勝つとか負けるとかが出て来るのかなぁ。
何か、話しの方向が違ってきたかな?

そうですね。直線だけを目指す人は「忘れもの」のことを問題にしない。
一生、忘れたままで済むのなら、それでいいのですが・・・

「負けること」や「間違うこと」を受け入れられる自分でありたいです。
大切なのは、その負けや間違いから、いかに多くを学ぶか。
くれぐれも、他人のせいにしたり、誤魔化したりしないこと。
と、何かの本で読みました。
Posted by littleblue at 2006.03.24 02:02 | 編集
なんだかちょっと違う気がする。
ごめんなさい(笑)
Posted by jasumin at 2006.03.23 13:22 | 編集
[そうしといた方が事が進みやすい] そうなんですよね。それって、大人が子供に押し付けてしまいがちなことのように思えます。
直線って早いけれど、人間的なものって曲線な気がします。
美しい直線・最短距離の直線は、優れた部分もあるけれど忘れ物もあるのかな?きっと道草もいいよね、石ころだらけできれいです。たぶん。

[美しい涙、躊躇する姿]を感じていられる人ではいたいけど、
時にはそういう姿の敗者でもありえたい気もします。

いつも正しすぎるからかな。(笑)
Posted by jasumin at 2006.03.23 11:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。