--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.11

いろんな涙に

中学生の時の出来事。
休み時間、友だち同士が殴り合いのケンカになった。
ひとりが相手の顔面を二発殴り、
殴られた方は鼻から血を出して、すぐに保健室に運ばれた。
身体の大きさと腕力の差が、かなりあった様に思えた。
でも終わった後、殴った方の友人も、
しばらくずっと、机に顔を伏せて泣いていた。
自分はまったく無傷だったのに・・・

強いって、絶対に泣かないことだと思ってた。
ケンカしても平気な顔してることだと思ってた。
でも、強いと思っていたその友人は、
「友だちを傷つけてしまったこと」に苦しんで泣いていた。

namida.gif

「 なみだ 」 KATSUMI KOMAGATA

「ともだちとけんかした。悲しくて涙が出た。」

こぼれ落ちた涙は「水滴」となって、地面から空へと旅をする。
それに触れた者へ、涙の理由は伝わる。
そして遠いどこかの悲しみも、ぼくらはきっと理解することができる。

駒形克己さん(ONE STROKE)、
本当に素晴らしい活動をされている方です。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/38-998b7690
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
jasuminさん、またまたありがとうげざいます。
「やさしいことは、強いのよ」
ホントに強いと、やさしくなれますね。
立ち位置を変えることができる様な気がします。

宮城まりこさん、ごめんなさい知りません。
調べてみます。
Posted by littleblue at 2006.03.15 02:58 | 編集
とても素敵な記事ですね。

「やさしくね。やさしくね。やさしいことは強いのよ」

この言葉、とても好きなのです。
確か、宮城まりこさんの言葉です。
Posted by jasumin at 2006.03.14 12:58 | 編集
オリーブさんのコメントのおかげで、
一歩深く(というか広く)、想うことができました。
ありがとうございます。

「人間らしくなっていくのが強さ」、なるほど。
「強さ」というのは、完璧なんかじゃない。
もっと、柔らかさや許容力を含む言葉なんじゃないか、
そんな気がしてきました。
Posted by littleblue at 2006.03.12 09:19 | 編集
暴力は良くないことだけど、
友達を傷つけて 苦しんだその人は、
成長していく過程で、
きっと「やさしさ」も身についていったんじゃないかな。
経験をバネにして、人間らしくなっていくのが
「強さ」なのかな、って私は思います。

最近のニュースでよく耳にする、
犯罪を犯しても、なにも感じていない子が多いのには、
心が痛みますね。

 


Posted by オリーブ at 2006.03.11 17:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。