--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.15

信じる。


初めて煙草を吸ったのは、おそらく中一の時。
近所のお寺の床下に潜り込み、友達同士で吹かし合った。
その一服を、本当にウマいと感じることができたなら、
それはもう「お子様」からは抜け出た証拠なのだ、と信じて。

「 信じることに場所をあけるために、
  知ることに制限をくわえなければならなかった。」

と、ある哲学者は言ったらしい。

知ることはとても大切だけど、
知っても知っても、僕らには所詮、
この世界の全てを知り尽くすことなんかできない。

だから、
ある地点で「知る」を諦めちゃって、というか、
知ることで理解する(した気になる)ということに歯止めを打って、
変わりにそこから先は、ただ無心に信じてみる、
なんてのも、たまにはいいんじゃないか。
信じるという心の在り方でしか観えてこないものも、
きっとあるんだろうし。



妖精については、
あまり知り過ぎない方がいいのだろうか?

降り続く雨に気がしずむ日は、
なんだか、そんなことも考えてしまう(笑)
この記事へのコメント
nekojojoさん、こんにちは。

そうか。「信じないこと」ためのスペースも、
用意しておかないといけませんね。
信じてばかりじゃ、身が保たない?

信じたり、疑ったり、
ねばったり、あきらめたり、
色んなこと同士の間を、行ったり来たりしたいです。

どこにお住まいか分かりませんが、
地震、大丈夫だったでしょうか?
Posted by littleblue at 2007.07.16 12:19 | 編集
信じることに信じないという場所をあけておくのも
良いかも知りません
そうすればきっと傷つくこともないかも。。

私も妖精の本借りてみようかしら^^笑
Posted by nekojojo at 2007.07.16 09:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。