--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.24

Prologue


茂木さんの著書『脳と仮想』は、
冒頭「サンタクロースは存在するか?」という
ひとつの問いの提示から始まっている。

これに対して、
「この問いほど重要な問いは、この世界には存在しない」と述べられ、
「サンタクロースは仮想としてしか、十全には存在しない」というスタンスで、
次章以降、さらに深い考察へと入っていく。

例えば「蛍」について。
戦後まもなく、亡くなった母親の姿を川沿いを飛ぶ蛍に見た、
という体験を語った小林秀雄のエピソードを採り上げて著者は言う。

「夕暮れの川沿いを、光の点が飛んでいく。これは、物質的現象である。この
 物質的現象は、数にすることができ、方程式にすることができる。それを、
 蛍と見る。普通はこれを客観的認識だという。
 だが、一体客観的世界に『蛍』という実在が存在するのか?そんなものは存
 在しない。物質として存在するのは、点滅する先端を持ち、二つの開閉する
 硬質の覆いが付属した三センチくらいの『何か』である。その『何か』が暗
 闇を光りながら飛ぶ。暗闇の光を『蛍』だと認識するのは、人間側の勝手な
 思いこみに過ぎない。『蛍』とは、客観的な現象ではなく、一つの生成され
 た仮想なのである。」

見て、認識するという、
僕らが日常的に何の苦労もなく行っているの当たり前のことを、
あたかも一度ひっくり返している様に見えるけれど、
実のところ、上の様な見方のほうこそが真実なんだろうと思う。

こんなふうに世界を捉えられる人が、僕にはとても信用できる。
ノームや妖精の世界についても、これと似たところがあるんだろうか?
この記事へのコメント
HITTER鶴さん、

そうですね。最終的に各人の「選択」であり、
強いものをつくるには「思い込み(信ずる力)」が必要なのでしょうね。

僕は今までは、
ここの場合で言うと「蛍を母親と見る」という様な、
何かの存在を信じるという、いわば芸術的な態度の方には
いくらか馴染みがあったのです。

でもこの本では、それだけでなく「光を放つ物質と見る」
という科学的な態度も併せ持たれていて、
しかも最終的には「どちらも私たちによって生成された仮想に過ぎない」
つまり、一見おかしく思える「蛍を母親と見る」ということが、
科学的根拠を持って肯定されている。
そんな、本来は相容れない立場を両方引き受けた言い方に
感動してしまいました。
著者の方は「この世界」を愛しているんだ、と。

HITTER鶴さんの教えて下さった「藪の中」、「BIG FISH」、
この辺は比較的容易に手に入るかな?
是非、読んで、観てみたいと思います。
Posted by littleblue at 2007.06.26 07:20 | 編集
こうめさん、おはようございます。

さすが! 10回も読んでくれただけあって、
たぶん、感覚的にはそういうことだと思います。
つまり「そう見る」という心の在り方の問題かなと。

というか、ノームや妖精の世界を信じる人について、
僕の方が聞きたかった。「そういうことかな?」って。

実はこれ、例の本(そだてかた)を紹介するための前フリなのですが、
(いきなり僕が「妖精が・・・」とか言い出すと怪しまれそうなので)
きっと、筋金入りの妖精好きさんたちには、
これもまた、ちょっと違うのかも知れませんね。

近いうちに僕なりに書いてみるので、
まぁ、温かい目で見守っていて下さい。
Posted by littleblue at 2007.06.26 06:57 | 編集
世の中をどう認識するかは最終的には各人の選択によるのではないでしょうか。そして各人が選択した認識が、時として文学や芸術と成るのではないかと思います。
ティム・バートンの「BIG FISH」、芥川龍之介の「藪の中」など、その辺のことを扱った作品として心に残っています。
そうそう、最近見たドイツ映画「Das Leben der Andren(他人の生活)」は逆に客観的認識のみで生きてきた主人公がいろいろな出来事を通し浪漫的人間になるという作品で、感動しました。
Posted by HITTER鶴 at 2007.06.25 20:52 | 編集
10回くらい読んだけど、
ほたるの話、むずかしくて、よくわからない・・

こんど、くわしく、おしえてください!

わたしは、もっと、感覚的にしか、
捉えられないのよ~


ノームや妖精や物語は、
物質として存在するかどうかが
問題ではないよね?そういうことかな?

Posted by こうめ at 2007.06.25 19:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。