--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.14

月、欠ける。




月の兎が、大きく欠けた。

陶器のドリッパーとぶつけてしまった瞬間、
何か白いものが飛び散った。
ドリッパーが! と思いきや、欠けたのはポットの方だった。
どうやら琺瑯は、陶器よりも脆いらしい・・・

欠けた部分は、いやに目立った。

はじめから無いんじゃなくって、
以前は在ったものがなくなるって、妙に気になる。
どうしても、そこに目がいっちゃう。

目がいっちゃうだけならまだしも、
ひどい時は、そこに目が、
ホントにくっついちゃうから、困ったもんだ。



どうか錆びないでおくれ。
いつまでも、そうして笑っていておくれ。
この記事へのコメント
nekojojoさん、おはようございます。

なるほどなるほど。
もう一匹、うさぎちゃんを描いちゃうか。
形が、ちょうどそれっぽい。
両サイドを「耳」に見た立てて、ミッキーなんてのも描けそう。

これは「月兎」っていう琺瑯製品のシリーズなんです。
ポットの底に描かれている月も欠けてるから、
これでもともとのイメージに、ちょっと近づいたかな?

どうにもならなくなったら、
「金継ぎ方法」というのを、ぜひ教えて下さい。
Posted by littleblue at 2007.06.16 06:39 | 編集
なっちょさん、

そうです。
別の目で見過ぎると、立場が逆転して、
別の目になっちゃうということが起こるのです(笑)

僕も以前は「欠け」や「不足」など、未完成な感じが大嫌いでした。
でも、あるデザイナーさんが自分の持ち物のほとんどに、
足りない部分をひとつ、意図的に作っていらっしゃって、
(例えば、シャツのボタンが常に一つ無いとか)
それに、使う人が接することで、そのプロダクトが完成する、
という様な(気持ちの問題ですけど)ことを実行されていて。
そうか、そういう見方もあるんだなぁって。


一方、確かに欠けたまま使い続けると、
たくさん洗い物する時なんかは、ついついガサッって、
手を切っちゃったりする知れませんね。優しいお母様。
Posted by littleblue at 2007.06.16 06:21 | 編集
はねうたさんも、お持ちでしたね。

ウチのは700mlの小さい方。
基本的に一人分しか入れないから、
かわいいサイズで、ちょうどいい。

はねうたさんの、買って2、3日後・・・
それはショックも大きい・・・

でも、オリジナルマークかぁ。
そういう発想もいいなぁ。ホントに目描いちゃおうかなぁ(笑)
そしたら、全国の白ウサギポットが集まっても、
その中から、我がウサちゃんを探し出せますよね~。
Posted by littleblue at 2007.06.16 06:08 | 編集
月のうさぎ名前も形もかわいいですね^^
錆びるので
漆を使った金継ぎ方法もあります^^
金色うさぎちゃんを描いたらキズにみえません
Posted by nekojojo at 2007.06.15 18:53 | 編集
アララ、白ウサギちゃんが…。
器の欠けを継ぎをして使うのが、本当に器を
大事にしている人なのかもしれませんが、
どうも母から「欠いた器や櫛を使ったらダメ」
と躾けられてしまったので、どうも別のものを
見るような目になっちゃいます。
でも、「別の目」になっちゃうという手もある
んですね。
Posted by なっちょ at 2007.06.14 22:10 | 編集
月のうさちゃん、これ、おそろえだね~。サイズ、ちいさいほうかな~。
(うちは、おおきいほう・・。)

うちのは、買って、2、3日後に、フタを、こんなふうにしましたよー。でも、もちろん、使っています。

月のうさちゃん、使っている人、きっと多いから、
この傷は、オリジナルマークですよ~。ショックから立ち直るころ(オーバー・・)さらに、愛着でてきそう~。
Posted by はねうたゆみこ at 2007.06.14 20:42 | 編集
ななさん、

真っ二つ? それすごい。
しかも、くっつけて使い続けるなんて、
もっとすごい・・・(パパ尊敬!)

関西人として、おもんないのは致命的。
ただちに、色塗っちゃって、
なんなら、絵も描いちゃってくださ~い。
(その際は、ぜひラーメンマンで!)

錆びやキズを、個性として愛せる、
オトナな大人(?)になりたいもんです。
Posted by littleblue at 2007.06.14 20:15 | 編集
jasuminさん、

空焚きは危険ですよ~!
しかも、中の水がなくなるまでなんて・・・
そろそろかなぁ? どころじゃないですよ~(笑)
(ま、おもろいから、ええねんけど)

以前は、クチは細いけど、
お湯のコントロールが全く利かないケトルを使ってました。
で、いらいらして、月のうさちゃんを購入。
これ、注ぎ心地、いいですよ。オススメ。

キズもシミも受け入れて、
みんなアジにして、シブ~イうさちゃん目指しますね!
Posted by littleblue at 2007.06.14 20:05 | 編集
あ、このコ、こんな可愛いくなっちゃって~。
多分、茶色く錆びても可愛いままだよぉ。
わたし、まだあれから買ってない。
だけど、こないだ、同じくとっても大切にしてる陶器のポットの蓋を落とし、真っ二つにやっちゃてめちゃ凹んでたら、ぱぱがくっつけてくれたよ。
物凄く不自然だけど、「ここから色を塗れば何とかなる!」って。。笑
わたしも、この際、お目目付けちゃおうかな?
今のまんまでは、おもんないわぁ~。(笑)

Posted by なな at 2007.06.14 18:15 | 編集
おもろいやん。littleblueさんってば。



月の兎さん、お持ちだったのですね。
いいなぁ、欲しかったの。
欠けちゃったの、ショックですね。

うちの琺瑯(こう書くとは・・・!)のポット、
ストーブの上にかけてて
そろそろかなぁ?と思ってたのに・・・
水がなくなって「ぱきん」って音がしたと思ったら
内側が一箇所はげてしまいました。
あー、気をつければよかったって。
(それ以前に、空焚き自体、危険なのですが)

どうぞ錆びずに味になりますように。
Posted by jasumin at 2007.06.14 09:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。