--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.08

A storm of falling cherry blossoms.

桜吹雪という言葉があるように、
桜が散るさまは、雪が吹きつける様子に例えられますが、
雪国育ちの僕としては、吹雪に見舞われた際、
そんな優雅な想いにひたってはいられません。(笑)



最近、春の陽気に誘われて(?)
チャリンコを購入してしまったので、
昨日はそれに乗って、のんびりと街を散策してみました。
できる限り、普段は選ばないような道、
より分からない方の道を選んで、必死にペダルを漕いで。

一時間程たっぷり迷ったあたりで、
桜咲く、とある霊園を見つけました。
こりゃ綺麗だ、とチャリンコを降りてしばらく歩くうちに、
幾度となくやや強い風が吹き、僕は桜吹雪を浴びました。

それは体感的にも視覚的にも、とても気持ちの良いものでした。
本当の吹雪はキツいけれど、これならいいなぁ
なんて思って、花びらが地面や墓石に降り注ぐさまを、
ただ、ぼ~っと眺めていたら、
硬く冷たい墓石、その合間に覗く土と、
桜の花びらの柔らかな桃色とのコントラストが映えて、
思わず涙しそうになってしまいました。



ひとしきり感傷にひたった後、
気持ちを180度切り替えて、近所に住む人たちのことを思いました。
この付近に住んで、毎年この光景を眺めている人たちは、
僕が新潟で、吹雪のことを「こりゃ、キツいわ」としか思わないように、
この桜吹雪を「あら、また散るのね」くらいにしか
思わなかったりするのかなぁ、と。
人間は放っておくと、どんどん慣れてくものですし。

ただ美しいものはない。
というような言い方がよくされます。
あらゆるものは、それ自体で「価値」なのではなく、
他のものとの関係性に於いて何らかの価値を帯びて在る、のだと。

何をどう思うかは、
そのものの於かれた物理的な状況や、
それを見る者の心的な状態に依りますが、
桜の花びらが「多くの方々の永眠の場」に降り注ぐさまを、
その時の僕は、美しいと感じました。

恥ずかしながら、
この歳になって初めて、桜のことをいいなぁと思い、
やはり初めて、「四季」のことを想ったのです。

そんな感じの4月7日、チャリンコ散策。


梶井基次郎の「路上」という短編で、
主人公が独り必死に、転びながらも崖を昇ったあげく、
そのあまりの強烈な内的体験のためか、
逆に自らの経験のリアリティを保つことができなくなってしまう
というような話があります。
結局は、帰宅後に鞄の中に入った「泥の固まり」を見つけることで
現実との接点が、かろうじて保たれるのですが、

それに憧れた僕は、
この霊園での体験を、どうしてもリアルに持ち続けたくって、
ちょうどリュックの上に付着した花びらを一枚、
そのままポケットへ押し込んだのでした。


追伸:
相変わらず、日記風に書かせたらこの支離滅裂さ、
僕の右に出る者はいないでしょう。(笑)
この記事へのコメント
ななさん、こんばんわ。

そっかそっかぁ。
やっぱそうだよね。自然の美は飽きないかぁ。

例えば黄金律みたいな、人間が美しいと感じるものを
自然の中にも見てとることができるってのは、
きっと、自然と人間が元々はそれほど違わないってことの証拠なのかな?
(↑ なんか、いっつもこの結論だけど・・・)

もう、こちらは桜が散っちゃって緑に。
でも、そも緑の桜の木もまた良いです。
人の血を吸った薄ピンクは感傷的にもなっちゃうけど、
緑は単純に元気が出をくれる。

もう、すっかり「はねうた駅」って駅名なんだ・・・(笑)
Posted by littleblue at 2007.04.16 21:13 | 編集
沖縄の友達はね、世界一綺麗な沖縄の海を、毎日「綺麗だなぁ」って、思うんだって。
生まれた時から何回見ても、いつも変らず、「綺麗だ」と思うって。
lb.的質問、全く同じのを私も去年の春にしちゃったのよ。(笑)
でも、後で思ったんだけれどね、確かに燃える様な夕焼けや雲ひとつ無い空や、ちらほら降る雪の空を昔から変らず、見るたびに私も「綺麗だなぁ」って思うから、どんだけ見ても、人間って、綺麗なもの、特に人工的では無くって、自然のものは慣れる事無くちゃんと「綺麗」と感じれる能力が生まれ持ってあるんだろうなぁ、、、って。

ところで、桜は、どうして儚く綺麗なピンク色をしているか。
下に居る人の血を吸っているからなんだって☆

うっひゃぁ~ (笑)

リトルブルーさんの、今年見た霊園での桜は、だから印象に残る程、特に儚く綺麗だったのかな?

PS,4月7日、私は、はねうた駅を通り過ぎました。ははは☆
Posted by なな at 2007.04.15 19:33 | 編集
こうめさん、おはようございます。

2、30分どころか、2、30時間あっても
自転車じゃ辿り着かなそうな「ことり」さんが残念です。
(行きだけならまだいいとして、帰りがキツい・・・)

徒歩でゆっくり探索もいいけど、
チャリでの疾走で風になるのも、また違った気持ち良さ。
たぶん、反応する脳の部位が違うのでしょう。
ただ、写真には映してなけど、16インチなのでかなり漕ぎます。

「もりのえほん」に隠れてる形たちは、
「あっ!これだ!」ってのと「これ?かな・・・?」っていう、
2種類の形があるように感じます。
だから見る時の気分によって、毎回違うのかな。

狙ってか、偶然か、(はたまた、そう思ってるのは僕だけか・・・)
そんな、見え方に幅のある本を作れる方って、すごいですよね。
Posted by littleblue at 2007.04.10 07:21 | 編集
ねー、
自転車、気持ちいいですよね。

走ってると、五感が冴えて、
いろんなことが思い浮かんで、すっきりします。

littleblueさんは、路上観察がお好きだから、
あまり乗らないかな・・って、思ってましたけど、
なかなか、似合いますねー。

ちょうど2、30分のところに、ことりがあれば、
ときどきふらりと来てもらえそうなのにな。


わたしも、季節は、何回巡ってきても、飽きることはないです。
色も、匂いも、空気も、ひかりも、風も、
あつさも、さむさも、毎度新鮮。

ぜーんぜん関係ないけれど、この間の「もりのえほん」も、
わたし、小さい頃から何十回ともなく開いていても、いまだに新鮮です。
忘れっぽいだけ・・かな。

Posted by こうめ at 2007.04.09 13:49 | 編集
miyacoさん、こんばんわ。

見飽きるどころか、心待ちにされているとは・・・
そうですよね。
自分でも書きながら「そんなこともないよなぁ」と思いつつ、
強引にアップしてしまいました。はんせー。

ところで、以前miyacoさんにお薦めいただいた
チャリンコでの六義園付近の散策、
この日は時間的にムリでしたが、ちょうどあの辺に出たんです。
とりあえず八百コーヒーさんで一服だけしてきました。
(下の記事の本棚は八百コーヒーのです)

「朽ちていく過程も悪くない」って、
確かに、やはり同じ自然の営みの一部としては、
咲き誇っている時と、なんの変わりもありませんもんね。
それを真近に見る事のできる家って、
羨ましいなぁ、と思います。
Posted by littleblue at 2007.04.09 00:05 | 編集
支離滅裂とは全然思いませんよ。
感情のほとばしるまま、という感じ。読んでいてとても心地よいです。

我が家の周りは本当に桜だらけで、
この1週間くらいはたぶん、川面がすべて
桜の花びらで覆い尽くされるくらいになります。
朽ちていく過程は舞い散るときほどには美しくないです。
でも、それも悪くないよなぁ、と思います。

毎年見ても、見飽きることはないです。
どちらかというと、この時期だけを心待ちにしている1年です。
Posted by miyaco at 2007.04.08 23:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。