--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.25



おばあちゃんから、
もう10年以上前に譲り受けたものです。

「SHISEIDO」のもので、裏は、



こんな感じで単純な、しかし良くできた構造になっています。
(通し方はこれでいいのかなぁ?)

革だと、
しばらく使っているうちに「クセ」がついてきますが、
それが嫌でたまらなくなるか、
それを良しとして可愛がるか、
は、人それぞれ違ってくるんでしょうね。
僕は以前、バリバリ(古い?)の前者でしたが、
このところは、後者に「想う」ことの方が多くなりました。

「ちょっと足りない」とか、
「ちょっと粗い」とか、
「ぎこちない」とか、

そんな個性(クセ)を、本当に、愛せる様になりたいです。
この記事へのコメント
miz-zouさん、こんばんわ。

学生時代に、つま先に鉄の入ったワークブーツが流行っていて、
それを、皺だらけ、傷だらけになる様に履きつぶして、
つま先の鉄が見えちゃってくらいにするのが「カッコイイ」
という風潮があったのですが、

買ったばかりのブーツにわざとらしく傷をつけてしまうと、
ちょうど履き込んでイイ感じになってきた頃には、
その「傷」が目立ち過ぎてしまって、後悔する・・・
みたいなことがありました。
(やたらと長い説明になったけど、意味通じたかな?)

あ、でもそれだけです。(笑)


僕は全く持ち物を大切にしない方なのですよ。
ただ、何故か捨てられない物もあって、
そんな物を、ちょっこちょこっとアップしてるだけなんです。
いかにも、大切にしていそうなコメント付きで。(笑)
(でも、ウソはついてませんよ)

長老マックさん、確かにあの髪型と、
胸元に「アップルアップリケ(?)」が付いてるところなんかは、
かなりオシャレさんです。はい。

とある方のブログに書かれていました。
マックはどんどん進化して、商品としては消費されていくけれど、
デザインの「芯」は、しっかりと受け継がれている、と。
(たぶん他のメーカーさんは、
 デザイン自体も消費されているってことかな・・・)

それにしても「使い分け」ですよね。
やっぱり、じいさんの方は朝型なんですかね?
朝の5時頃になると勝手に立ち上がって、
夜の7時には電源が落ちちゃうとか。(笑)

あ、余計なことで長くなったぁ~。
気にしないで下さ~い。
Posted by littleblue at 2007.03.01 22:43 | 編集
>雑に使った末のいたみは、ホント痛々しいけど、
大事に使った末のいたみは、「味」ですよね。
これはきっと、あまり使われてなかたのかも知れない・・・

ああ、まさにその通りですね。
「使いこんで味が出てくる」っていうけれど
乱暴に使った末のいたみは、あまりきれいじゃありませんね。
上手に使って、丁寧に手入れをした古いものは
味の出てるいたみ方(という言い方が正しいのか)をしている。

littleblueさんは、持ち物すべてに味わいを出すのが上手そうですね。
そんな人の手にあるモノたちは、幸せですね。

わが家の長老Mac氏は、長老だけに頑固者。
たまに固まってますが、動いてます。
(はじめガイコツみたいなじいさんを描いたけれど
やっぱりMacはおしゃれだよな。とロマンスグレーにしてみました)
Posted by miz-zou at 2007.03.01 17:35 | 編集
jasuminさんへ。

あ、そうなのですか?
たぶん、僕のもそれです。きっと。
だいたい15年くらい前ですもん。
ってことは、jasuminさんちの時計と同時期の、姉妹かな?

「花椿」、もちろん知ってますよ~。
あの雑誌のアートディレクションをされている方のファンだったので。
学生時代、田舎の本屋には、当然あんなカッコイイ雑誌はなかったのですが、
近所の化粧品屋さんに置いてあると知って、
とても興奮して、でもちょっとテレながら、
「すんません、一冊下さい・・・」って、通ってました。

若い頃は、自分が完璧じゃないことがイヤだったけど、
今は、完璧じゃないのが当たり前。
ただ、時々そんなことを忘れて、人にあたることもあると思うので、
もっとしっかりと自覚したいもんです。
Posted by littleblue at 2007.02.28 07:09 | 編集
miz-zouさんへ。

アハハ、確かにそうだ。
何で妹じゃなくて、僕に?

たぶん、僕は長男で、
一番最初に色気づいて、髪型とかいじりだしたからですかね?
(どうでもいいことですが、初めて買ったオシャレ系雑誌は、
 「ヘア・マガジン」というヤツです。まだ続いてるのかなぁ?)

雑に使った末のいたみは、ホント痛々しいけど、
大事に使った末のいたみは、「味」ですよね。
これはきっと、あまり使われてなかたのかも知れない・・・

マックも、大事に使ってやって、
ドクターが大事に修復してやると、
ちゃんと復活するのですね。
しかも、後ろから長老の様なじいさんが・・・(笑)
Posted by littleblue at 2007.02.28 06:57 | 編集
昔、資生堂に期間中の購入金額によって頂けるノベルティがあって
うちにはこんな感じの時計がありますよ。
ノベルティといっても、侮れないものが揃ってました。
だから、お祖母様のもそれなのかしら?
私のは15年程前に実家から・・・(笑)
キッチンでちゃんと働いてます。
茹で時間には使えませんが。
「花椿」・・・?なんと言いましたっけ?お若い方はご存知ないしなぁ・・・
「花椿」って冊子、とても素敵なのがあったのですよ!
モデルの山口小夜子さんや甲田さんがでてらして。

あ、どうでもいいですよね。

自分が完璧じゃないってよ~くわかってる人ほど
他者のそれを愛して受け入れられるのかもしれませんね。


Posted by jasumin at 2007.02.27 14:04 | 編集
おばあさまから鏡をいただいたのが
妹さんではなくて、littleblueさんなのがちょい笑えますけど
この鏡、おばあさま大事に使われていたのか
大事にとって置いたものなのでしょうね。
後ろの革の部分が、ぜんぜん痛んでませんね。

すてきです、このおはなし^^
Posted by miz-zou at 2007.02.27 11:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。