--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.18

自然と思う。

「 1歳から100歳までの夢 」という本が出ていますね。

僕はそのことを、友人のハナガラさんから聞いていて、
先日、書店で見かけたので、ちょいと立ち読みしてみました。

全ての人の「夢」を読んだわけではないけれど、
僕が一番印象的だったのは、やっぱり100歳のばあちゃんの言葉。
つらつらと短めの言葉で夢を語った後、最後に、
(つまり、その本の最後の言葉でもあります)

「 自然と同じかと思う。」

と仰っていました。
自然界に四季があるように、
自分の身体にも四季があることを感じると。

つまり、人間の身体は、
しっかりと自然に繋がっているのだということかな?

だとしたら、
それはきっと、おばあちゃんのことだけでなく、
「人間」全体のことなんでしょうね。
よく言われるけれど、僕たち人間だって自然の一部なんだし、
もっともっと大きな何かしらの流れの中の、
ほんの一点に過ぎないんだと言うこともできます。

今から約46億年前に、この地球の原型ができ、
そして約20万年前(だっけ?)に、ホモ・サピエンスが現れた。
それ以前の、数えきれない数の種の生成と絶滅を思い、
その途方もない時間の流れに思いを馳せるてみると、
昨今の、
例えばホリエモンとか、例えば納豆ダイエットとか、
そんなことは、もうホントにホントに、ど~でもいいことに思えてきます。
そんな暇があるのなら、少しでも自分の想いを、
このおばあちゃんの様に「自然」に触れさせていたいと思うのです。

アインシュタインは、
深く深く自然をのぞきこめば、
あらゆることがもっとよく理解できるようになるんだ、と言った。

それと同じ様に、
深く深く自分(人間)をのぞきこむことで、
もっとよく、自然のことが理解できるのかもしれない。

100年も生きたおばちゃんが、仰るんですから(笑)。
この記事へのコメント
jasuminさん、おはようございます。

jasuminさんの挙げられて例、
「朝」のことがとても多い様な気がして・・・
jasumin家の、朝の慌ただしさがうかがえます。(笑)

でも、布団の中の5分も、ちっちゃい「っ」も、大事ですよ~。
かっかんが、かかっんになったら言いにくいもん。
そういう生活の中の細かいことは大事です、きっと。(笑)

そうですね。100年経ったらみんないなくなっちゃいますね。
(もちろん)NHKスペシャルで見たのですが、
地球って何回も何回も隕石の衝突で、
とても生物が住めるような環境じゃなくなってるんですよね。
でも、そのスパンも、何百万年とかです。

そう考えると、今の僕らの寿命のなんと短いことか。
だから、jasuminさんの仰るように、
せっかく出会ったものたちと(自分も含めて)、
仲良くしたいもんですね。



何をしても「一瞬」なはずの経験を、
人間がこうも「長く」、時には「永遠」にさえも感じられるってこと、
考えてみればものすごい能力ですよね。
あ、こんなことを言い始めると、また、話が飛びそう・・・

では。
Posted by littleblue at 2007.02.21 08:00 | 編集
ホリエモンとか納豆ダイエットとかね・・・(笑)
5分くらいお布団でグズグズしてるとか、ご飯を早く食べなきゃ間に合わないとか、靴下のかかとがあっていないとか、今日もハンカチ忘れちゃったとか、小さい「つ」の場所が間違っているとか、シャンプーで体洗っちゃったとか、まったくもってど~でもいいよね。
きっとスパンが短いんだ。一日24時間だったり、朝の1時間の囲いの中で考えるから・・・100年のスパンで考えられたら優雅ですね。
『100年』は私の中では「100年したら、今いる人はみんないなくなっちゃう」ってこと。
私も子どもも、生まれたばかりの赤ちゃんも。
それがよ~くわかっていたら、せっかく生まれたから優しく生きよう・せっかく出逢ったから仲良くしようって思えるかもしれないです。

あの、すみません。「100年」の部分にだけつかまってみました。
Posted by jasumin at 2007.02.20 09:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。