--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.02

珈琲に感すること

会社の先輩から、その方が辞める際に譲り受けたカップ。
なかなかレトロで、いい柄でしょ。



はじめてコーヒーを飲んだ時のことは憶えてないけれど、
はじめてコーヒーを「あぁ、美味しい・・・。」と思った時のことは、
今でもよぉく憶えている。

19歳、専門学生の時のこと。
友人とコラボして、あるポスターのコンペに出品するため、
僕の自宅に泊まり込み、徹夜でアイデアを出し合った。
でも、若い時って、自分の意見も他人の意見も、その二つの調和も、
上手くコントロールしきれなくって、(あ、今もですが・・・)
作品は結局、意見の相違のすえに未完成に終わってしまった。
そんな徹夜明けの朝方、あたかも
「コラボの失敗を祝福するかの様に」差し込んできた朝日に包まれながら、
ふたりで無言で啜ったコーヒーが、本当に忘れられない。
(ちなみにインスタントでした)

はじめてアイスコーヒーを「あぁ、美味しい・・・。」と思ったのは、
八丁堀のジャズ喫茶っぽいお店。
ワイングラスに並々と注がれたそれは、
ガムシロを入れるだけの空きがなくって、
これは「最初の一口くらいはブラックで飲め」っていう
無言のメッセージなんだな、と思い、
飲んでみたら、ほんのりアルコールの様な風味がして美味しかった。

話は変わって、
最近、映画「珈琲時光」をビデオで観た。
一青窈、浅野忠信 出演、候孝賢 監督のちょっと前の映画。
候孝賢の映画は、いつも特にこれといった事は起こらないけれど、
観ていて「でも、日常ってこんな感じだよなぁ」と思った。
テレビドラマなんかの台詞って、一言一言がそれ自体で
ストーリーの進行にちゃんと関わっていて、
だからある意味、一言も聞き逃せなくって疲れちゃう。
でも、日常でのコミュニケーションって、
案外もっと雑なものなんじゃないかな、って思う。
もっと素っ気なかったり、説明不足ぎみだったりして。

そういう意味で、この手の映画はリアルでいい。
何かを想うための「間」が与えられている感じ。
あまり印象には残ってないけれど、
そんなことを想ったりして、それなりにいい映画だった。

特別な経験って、いつ訪れるか分からない。
でも、映画「珈琲時光」の様な、
一見「特にこれといった事は起こらない」様に見える日常の、
中というか、奥というか、その先というか、
とにかく、それとひと続きになって訪れるんだ、
ということだけは、確かな様な気がする。

コーヒーを入れた際、熱くなったカップの縁を、
疲れた目の、瞼の上から当てて暖めると気持ちいいですよ。
この記事へのコメント
なっちょさん、はじめまして。

古い記事まで読んで頂いたなんて、ありがとうございます。
今となっては、恥ずかしいものもありますが・・・(笑)

些細な感覚が他人と共通したりすると、
なんだか嬉しくなっちゃいますよね。
僕が本を読むようになったきっかけも、
「自分だけ?」と思っていた感覚を、本の中にも見つけたからでした。

コーヒーと瞼、
最近はエスカレートして、湯沸かし中のポットのフタをはずして、
ちょっと瞼に当ててみたり・・・
端から見たら、完全におバカです(笑)
Posted by littleblue at 2007.04.29 07:55 | 編集
little blueさんへ
初めまして。
feltataさんから「とっても素敵なブログが
あるんです」と紹介して頂き、伺いました。
写真も文章も、清々しく綺麗で、思わず古い
日記まで一気に読んでしまいました。
あ、この本、私も好きだ、とか、
あ、この感覚、よくわかる!!とか、
いちいち、嬉しくなりました。
特に、このカップがすごく気にってしまい、
また、瞼に当てるのを私もよくやってしまう
ことなので、コメントを書かせて頂きました。

また、のぞかせて頂きます。よろしくお願い
致します。
Posted by なっちょ at 2007.04.28 21:35 | 編集
フラニーさん、

実はこのカップ、使ったのは今日が初めてで、
(ちなみに、貰ったのは約1年前)
一緒にカフェオレを飲んだ方には、
「いかにも毎日使ってる風にブログに載せちゃって」って
ツッこまれちゃいました。(笑)

ところで、
すんません、全くの余談ですが、
(なんか最近は、フラニーさんに対して「余談」が多いような・・・笑)
和食器も洋食器も、お湯を注ぐとカップが熱~くなりますよね。
素手では、ちょっと持ちにくいほどに。
で、西洋のカップには、持ち手がつけられた。
一方、和の茶碗は、いつまでもそのまんま。
でも和には、片手で持ち、もう片方の手を添えるという「作法」が生まれた。
まったく検討違いかも知れませんが、そんな背景を想像するのも面白い。
って、ちょうど今日考えてたところ。

コーヒーも短歌もアルパカも、
ほんのかじった程度です。(アルパカなんて、かじってすらいない・・・)
陶器と磁器の区別が、イマイチつかない僕ですが、
フラニー短歌のお披露目も、待ってま~す。
Posted by littleblue at 2007.02.04 01:12 | 編集
ほんと、すてきなカップですね~。
こんなのをポンとくださる先輩が、わたしもほしい!
わたしはがりごりしたあと、もっぱら陶器のカップなんですよ。
磁器でもすてきなもの、ほしいんですけどね。

最近のはやりは、コーヒーと短歌(あ、七七がないか?)と
アルパカですか!
幅広いなぁ、littleblueさん。
Posted by フラニー at 2007.02.04 00:00 | 編集
はねうたさんへ。
たった今、僕も、がりごりして来ました。

>コーヒーをいっしょに飲むと、紅茶より・・・

って。
ううむ・・・なんでだろう・・・。
僕の場合は、上に書いた様な思い出があるからって言えるけど、
はねうたさんの場合は・・・ううむ・・・。

最近は(っていうか、今だけ)、
困った時には一句詠むことにしています。

「 がりごりと ぷくぷくの先に ある至福 」

これ、コーヒーの神髄なり。
ふぅ・・・上手くごまかせた、かな?(笑)
Posted by littleblue at 2007.02.02 22:19 | 編集
うん、レトロで、インスタントでも、丁寧にいれたものでも、とってもコーヒーが似合う、いいカップですねー。

コーヒーをいっしょに飲むと、紅茶より、親しくなった気がします。ときには、お酒よりも。
なんでかな。(って、littleblueさんに聞いてみる・・。)

もうちょっとしたら、また、がりごりしに行こう~。
Posted by はねうたゆみこ at 2007.02.02 21:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。