--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.21

駒形さんのこと

一度は群馬、もう一度は東京と、
二度のワークショップに申し込むも、
どちらも開催直前の(こちらの)アクシデントで参加できず・・・

見学だけでもと思い、群馬まで追いかけて行くも、
子どもたちに囲まれる駒形さんに、話しかける勇気を持てず・・・

後日、意を決して手紙と履歴書を送るも、相手にされず・・・(笑)

それでも僕は、駒形克己さんを尊敬しています。



駒形さんのワークショップは、親子を対象とするものが中心で、
一見とても単純な紙遊びの様にも見えます。
しかしその裏には、ご自身の知識と経験に支えられた様々な配慮があり、
それがとても自然な形でプログラムに反映されています。
だからこそ参加者たちは「単純な紙遊び」として楽しむことができ、
同時に、社会の中にも置き換えられる様な大切な概念を
知らず知らずのうちに体験することができてしまう。
そう思うのです。

駒形さんは仰ります。

「ワークショップにはルールがあります。
 しかし全ての人がルールに縛られてしまうのもつまらない。
 ある程度はみ出したものが許されていくのであれば、
 そのワークショップはとても面白いものになっていきます。
 ・・・少しだけはみ出す勇気と余裕を考えていきたい。」

「自分の思惑から、相手の個性が気持ちよくはみ出してくれる。
 そこから新しい価値観が生まれてくる。」

「子どもたちの中で解決できることって、案外たくさんあります。
 だから大人が何か言う前に、まず子どもたちの様子や反応を
 きちんと見極めること。それも大人の姿ではないかと思う。」

(以前、駒形さんがテレビに出演された際のコメントを、
 出来る限り正確になるよう心がけ、記述してみました)

そんな考えが、そのもとにしっかりと敷かれたワークショップ。



駒形克己(造本作家・デザイナー)
1986年ONE STROKE設立。多数の絵本を同社より出版。
ボローニャ国際児童図書展特別賞などの世界的な賞を受賞。
1994年フランス、リヨンで開催された展覧会は、
ワークショップとあわせ、国内はもとより
フランス、イタリア、スイス、メキシコなど、世界各地を巡回。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/184-287c152f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
miz-zouさん、どうも。

ハラミュージアム・アーク!
はいはい、行ってみたいと思ってました~!
品川の方へは何度か行ったことがあって、大好きですよ。
料理もなかなかで、あの空間も気持ちがいい。
館内も「公共の」とは違って、なんだか赴きがありますね。
miz-zouさんも、はるばるいらしていたのですね。

どうでもいいことですが、
例の近代美術館で食事をしていた時、
隣のカップルの男の方が、
「僕はね、ドストエフスキーがね、一番ね、・・・」
って知ったかぶりして彼女に語っているのがどうしても耳に入っちゃって、
それもあって居心地が悪かったのです。(笑)
本当に、どうでもいいことですが・・・

近代美術館は、庭がとても気持ち良くって、
そのうちにまた、お弁当でも持って行きたいなと思っています。

今日はこれから、新潟に向います。
そちらを「通過」しますね~。
Posted by littleblue at 2006.09.23 08:20 | 編集
県立近代美術館は駅から遠くて、大変だったでしょう。
でも緑が多くて、高崎市民憩いの場です。
今年から「アスベスト除去作業」のため休館しています。
しかし、おっしゃるとおり美術館(特に公共の)の
レストランはイマイチですよねー。
たいがいレストランの立地場所はよくて
「お茶でもしていこうか」ってなるのに、中身がね・・・

群馬県内でオススメの美術館は、榛名山麓にある
「ハラミュージアム・アーク」です。
品川にある原美術館の別館で、眺めもよくて
レストランもなかなかです。
今度群馬にいらっしゃることがあったら、ぜひ行ってみてくださいね。
Posted by miz-zou at 2006.09.22 19:41 | 編集
ともちゃん、
おつかれさまです。ブログ、マイペースで続けて下さいね。

そうなんですってね!?
今週末、東京にいらっしゃるんですってね!?
(でも、僕は実家に帰っています・笑)
たぶん、東京の大きな書店なら「かけら」、あると思いますよ。
駒形さんは、紙の質感にとてもこだわりを持たれているので、
是非、実際に手に取ってみることをおすすめします。

ココで紹介するもの、気に入ってもらえて嬉しいです。
最近は、実際に探して買ってくださる方がいて・・・
本当に感謝しているんです。

では、ライブで興奮でして、絵本で癒されて、よい週末を。
Posted by littleblue at 2006.09.22 08:01 | 編集
miz-zouさん、
群馬でもあったよー。
littleblue、行ったよー。

そうです、ちょうど一年前くらいでしょうか。
(よく調べられましたね?)
なので、まだこのブログを始めていない頃ですね。
群馬県立近代美術館、遠かったなぁ~・・・
自然に囲まれて、とってもいい所でした。

でも、ああいった大きな美術館に行った時にいつも持つ疑問。
館内のレストランが「手抜き?」のことが多いですね。
第一線のアートを置いておきながら、食に関してはこれかい?
っていつも思います。

今なら「月夜野閑話」を参考に美味いものを食べに行けますが。(笑)
リンクの件、こちらこそ遅れてすみません。
絵本じゃなくても全然オッケーです!
(ココも密かに絵本じゃないですから・・・笑)
Posted by littleblue at 2006.09.22 07:28 | 編集
miyacoさん、
ONE STROKEのHP http://www.one-stroke.co.jp/ で、
マメに調べてみて下さいね。

だいたい人数が決まっていて、前もっての予約が必要なので、
情報を仕入れると、いつもとっても焦って電話してます。(笑)

どこかで読ませて頂いたのですが、(ココかな?)
お子さん、中学生なんですよね?
ビックリ!!
とても若い(そうな)お母さんで、いいなぁ。
Posted by littleblue at 2006.09.22 07:18 | 編集
今朝、やらなければならないことがあって、早起きしたのだけど、
littleblueさんのところに遊びに来て、駒形さんのHPをみたら
とまらなくなって夢中になってしまった。
どの作品も素敵で目を奪われたよ。
ああ、手にとって実際に見てみたい。
そして私の心が奪われたものが「かけら」という絵本でした。
どうしても欲しくて探したけど、
欠品中。
どうして私の欲しい本というのは絶版だったりするのでしょう。
(はたこうしろうの「どうぶつブック」とか)
泣けてきます。
どうしたら手にはいるのかな。
東京に行けばあるっていうものではないのかな。
(実は明日東京に行くのさ)
またまた私が夢中になるようなものを教えてくれてありがとう。
littleblueさんはどうして私の好みを知っているのかしら?ふふふ。

PS しばらくblogお休みしますね。
Posted by ともちゃん at 2006.09.22 06:04 | 編集
群馬でもあったのー?
littleblueさん来たのー?
と、あわてて調べましたが・・・昨年ですか?
うーん、残念。
美術館のワークショップって、子供対象がほとんどで
子供のいないわしは、なかなか参加できません・・・
たぶん自分が一番、はしゃいじゃうだろうけど。

遅ればせながらリンクに入れていただき、ありがとうございます!
「絵本」のことじゃないのに、いいのかなあ・・・
Posted by miz-zou at 2006.09.21 13:38 | 編集
先日の記事を読んでうわーっと思ってすぐ調べました。
なのに、前日の江ノ島疲れで結局行かず終い(^^;)。

こういったワークショップに子どもを連れて行けるのも
たぶんあと数年なので、最近妙に焦っています(笑)。
Posted by miyaco at 2006.09.21 08:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。