--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.17

見つかったよ。

幼い頃、母親に
「人間って、どうして自分達が一番だと思ってるの?」って
 聞いたことがあります。
「アリにはアリの世界があって、
 アリたちはそれが一番だと思ってるんじゃないの?」って。
もちろん、母親は「はぁ?」って顔して、夕飯の支度を続けましたが・・・

ariko.gif

「ありこのおつかい」 石井桃子 さく/ 中川宗弥 え

アリの“ありこ”はお母さんに、
おいしい草の実を、おばあさんに届けるように言われます。
「みちくさをくわずに、まっすぐいって まっすぐかえってくるんですよ」と。
けれどもありこは、言われたことをまったく聞きません。
森の中を、あっちこっち、のろのろと。
そして、つる草と間違えてカマキリの“きりお”の足を引っ張ってしまい、
怒ったきりおは、ありこを食べてしまいます。
それからきりおは、お腹の中のありことケンカをしながら
森を歩いて行くのです。
ありこは、あばあさんに草の実を届けることができるのかな?
というお話。
やさしく、きれいな水彩画で、楽しく読める絵本です。

(今回は珍しく、ちゃんと内容説明してる…)

それにしても、子どもってよく「寄り道」しますよね。
でも、子どもにとっては、色んなものを見ながら、拾いながら、
「歩くことそのもの」が目的みたいなものなんでしょうね。
整えられた道に拠り、ただ歩くだけの大人の方こそ「拠り道」、
なんちって。

そんなことより、お母さん、

・・・見つかったよ。何が?アリの世界さ。太陽と木々が溶け合う。
(ランボー風に)
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/18-46cee885
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
新歌さん、来て下さってありがとうございます。
そして、先程は本当に失礼致しました。
どうしたらいいんでしょう。
とりあえず、こちらでコメントさせていただきます。
「ジオジオのかんむり」、
ちょうど今日買ったところだったんです。
「自分の望みが変化していること」を
自覚できていない時って苦しいですよね。
新歌さんの記事を読み、もう一歩深い読み方を知る事が
出来た気がして、そのことを書いたのですが
文字化けしちゃってて・・・
こっちからはコメント残せないのかなぁ。
そのうち、もう一度チャレンジしてみますので、
またダメだったとしても許して下さい。

あと、よかったらまた来て下さい。
Posted by Littleblue at 2006.02.19 21:56 | 編集
先ほどは、私のブログに遊びに来てくださって
ありがとうございました^^
この絵本、最近とても気になっていて
読みたいと思っていた一冊です。
表紙の絵がとても可愛いので
早く中を開いて見てみたいです。
またお邪魔いたしますね^^
どうぞよろしくお願いします。
Posted by 新歌 at 2006.02.19 18:13 | 編集
オリーブさん、ようこそ。
読み聞かせサークル、楽しそうですね。
子ども達に読んであげることで、
また違った魅力などに気付いたりするのでしょうか。

たまに、「あ~、寄り道しといて良かったぁ~」、
っていう大発見ありますよね。
“寄り道サークル”なんてどうでしょう。
Posted by Littleblue at 2006.02.18 23:45 | 編集
「ありこのおつかい」は、
読み聞かせサークルで、大型紙芝居にして
やったことありますよ。

どきどき、わくわく、リズムよく、
最後は ほっと安心する終わりかたで、
子どもたちも喜んでいました。

「寄り道」もなにかを大発見する
すばらしい体験ですね。
Posted by オリーブ at 2006.02.17 22:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。