--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.11

一回性

「 強く印象に残る重要な出来事ほど、繰り返される必要はない 」

  茂木健一郎 「脳と創造性」より

印象的な体験ほど、強く心に残っている。
残っているってことは、残っているってことなんです。
自分の中に、強く刻印されているってことなんです。
だからもう、それだけでいいんです。

全てのことに「もう一回」なんてあり得ない。
全てのことが「一回限り」でしかあり得ない。
だからこそ、そこに尊い価値がある。

繰り返そうとはせずに、
また新たな「一回限り」を刻むこと。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/173-ff45c680
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ともちゃん、
ミュージカル、いいなぁ。観たことないなぁ。

ともちゃんのところはこれからお邪魔しに行くけど、
「一回性」が気になりすぎて、
ミュージカルを見逃していないといいけど・・・(笑)

僕は見ているものや聞いている話とは全く別のことを考えちゃって、
(ホントは全くって訳でもないんだろうけど)
ひとりで面白くなって興奮してることがあるよ。
Posted by littleblue at 2006.09.15 21:43 | 編集
昨日ね、子供の小学校でミュージカルの鑑賞会があったのだけれど、
同じようなことをまた感じたよ。
短期間にlittleblueさんのところと
ミュージカルをみたことで同じことを考えたよ。
そのあたりを書いてみたからあとで遊びに来てね。
Posted by ともちゃん at 2006.09.15 10:04 | 編集
ともちゃん、そうですね。

強烈な体験は「忘れられない」ですよね。
忘れられない、忘れていないから、それでいいんですよね。
ちゃんと、「わたし」の中にいますもんね。
もう一回体験したいのはやまやまだけど、
それは無理なんです、きっと。

そう思うと、もっと忘れられなくなっちゃいます。(笑)
Posted by littleblue at 2006.09.14 00:02 | 編集
その一回一回の経験が脳や細胞に刻まれて
わたしという人間を作り出していく。
なんか、感動。

全部覚えてなくてもいいのかもね。
覚えようとしなくてもやっぱり印象的なことは忘れられないものね。

Posted by ともちゃん at 2006.09.13 09:15 | 編集
jasuminさん、
繋がっている様ですが、実は微妙にズレてます、はい。(笑)
あ、でも同じことかな?
いずれにしてもとても面白いお話ですね。ありがとうございます。

確かに同じ話でも、文字で読むのと、音声だけで聞くのと、
モニター越しと、ナマと、さらに居酒屋で一対一と・・・
では全然話のインパクトが違ってくるのでしょうね。
(この時点で既にjasuminさんの話とも違ってきてる?)

写真や映像にばかり残しても、それを振り返る際に、
肝心の「その瞬間」の感動を覚えていなければ意味ないですもんね。

それと・・・
その感動が強かった場合、僕らは「もう一度」と強く願いますよね。
でも、もう一度同じ様な状況に立ち会った時には、
もう以前の様には感動がやってこない。
そんなことってよくありませんか?
毎年あるイベントで、去年は楽しかったけど今年はイマイチ、みたいな。

それは、過去の感動の「もう一度」を求めているからいけないのかなぁって。
過去は過去、今は今で、どちらもその時だけなのだから、
また新しく、今の感動を創らなければけないのに。

あらら、何かよく分かりませんっ。
テンポ下げますね・・・(笑)
Posted by littleblue at 2006.09.12 23:57 | 編集
フラニーさんとlittleblueさんのお話、よくわかります~。
 
ちょっと違うけれど(なら書くな?)・・・先日「夜回り先生」が、会場に入りきれない人のためにモニターに映すことにした主催者に反発してドタキャンしたニュースを思い出しました。
モニターを通しては伝えられないと・・・。
先生は本当に目を見て話すから、仰る意味も良くわかった次第でして。。。
もうひとつは、うちの子が行った保育園ではある種の会ではビデオもカメラも禁止です。
全体の中のわが子を肉眼で見て欲しい、湧き上がる感動で拍手をして欲しいからです。
ははは・・・
なんだかどうつなげていいんだか・・・(苦笑)
ん~っと、その瞬間の、一瞬が生み出す感動をキャッチすることなんですよね~。
ビデオ持ってたり、ペンを走らせていては、そこんとこ鈍りますよ。
ちょっとやっぱり難しかった(笑)

littleblueさん、急にテンポ上がりすぎで困ってる読者より。
Posted by jasumin at 2006.09.12 13:44 | 編集
フラニーさん、それで全然よいと思いま~す。
そのお話では、「お話を聞く時はメモをとらない」
ということを学べたんですから!!(笑)

僕も最近は意識はしていないのですが、メモをとっていません。
以前はメモはしっかりととり、
しかも終わった後で、ポイントを他人に説明できるくらいじゃないと、
聞いた意味が無い!くらいに思っていたのですが、
最近は、それはちと何か違うかなと・・・
確かにビジネスなんかの話だと、そんな感じの聞き方がよくされます。
でも、そうではない、もっと感覚的なことの場合、
やはり同じく感覚で聞いて(感じて)、そのままにしとくのがいいかなと。
メモってしまうとどうしても話を集中して聞けない・・・
というか話への熱中度は明らかに落ちゃいます。(僕だけ?)

大切な大切なお話の「一回性」を十分に味わえなくなっちゃう。
あり得ない二回目の為に、大切な一回目を弱めてしまっては、
本末転倒ですもんね。
Posted by littleblue at 2006.09.12 08:18 | 編集
書き忘れてしまいました・・・リンクのこと。
こちらこそ、ありがとうございました。
とっても緊張しつつ、とても喜んでいます!
Posted by フラニー at 2006.09.12 00:20 | 編集
あるとき、あるお話を聞いていて、メモをとらないでね
といわれたことがありました。
そのとき、メモをとらないで頭に残ったことだけで
十分ですからって、言われたんですよね。
そうだそうだと思って帰ったら、結局その言葉だけが
印象に残ってしまって、他に覚えてなくて・・・
わたしってだめだわと嘆きました。(笑)
茂木さんも、同じこと言われているんですね。

ある時代、もう一回あの頃に戻れたらと
よく考えたけど、今はもうちょっと大人になったらしく、
そうは思わなくなりました。
今がいいわと思えるのは、しあわせかな。
Posted by フラニー at 2006.09.12 00:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。