--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.10

東京の数字

6,361人のホームレスと、62万4400の空き家

59人の他殺死者と、2,567人の自殺者

4,276件のドメスティック・バイオレンスと、104軒のSMクラブ

44万件の無言・イタズラ110番と、4万1522人の聴覚・言語障害などの人



重~い事実に、POPなイラスト。
2003年に出版された「東京のかぞえかた」。
著者・吉田稔、イラストレーション・岡村慎一郎。

様々な数字の対比を通して、
東京の(というかこの世界の?)矛盾した現実を見ることが出来ます。

例えば、「59人の他殺死者と・・・」の後には、
他人を殺したくなる世の中は、こわい。
自分を殺すしかない世の中は、もっとこわい。と、

また、「44万件の無言・イタズラ110番と・・・」の後には、
無言電話は、イタズラとは限らない。
と続いています。

僕は東京に住んでいます。
部屋の窓から東京の空を見上げ、
その下、これらの数字のことを想うと、
なんだかとてもおかしな気持ちになってきます。

約3年前に出された数字たち、
今は若干、変わってきていることでしょう。
その変化が、くれぐれも良い方へ向っていることを願います。
(っていうのは、ちょっと「他人事」な言い方かな?)
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/171-ee997250
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
miyacoさん、ありがとうございます。

僕の見えないところで(当たり前ですが)、
探して、買って、読んでくれていたんですね。
ホント、嬉しいです!

ただ僕もやはり、
もっと明るい数字はないものか?という疑問を持ちました。
もっと明るい気持ちをもって "Change!" したくなるような。

今度は「東京のかぞえかた(希望編)」とか出ないかなぁ。
っていうかmiyacoさん、作ってくれないかなぁ・・・
Posted by littleblue at 2006.09.15 21:56 | 編集
littleblueさんの記事を読んだらすごく読みたくなって、買っちゃいました♪
絵もステキで、なかなか期待どおりでしたヨ。

ロンドンの地下鉄での出来事、っていうのがすごく印象的。

この数字たちも意味深いし、とっても考えさせられるけど、
もっとステキな数字は無いのかな?
東京に住む子ども一人当たりの桜の本数、とか…。
Posted by miyaco at 2006.09.15 12:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。