--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.19

craftsman ship



作・おじいちゃん

僕のおじいちゃんは鉋(かんな)職人でした。
だから僕ら兄弟が幼い頃なんかは、
余った木や釘で、よくこういう物を作ってくれました。
今あらためて見ると、カラーリングもセンスいい。
マジで、いい。

実家の廊下の一角。今でもここに飾ってあります。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/159-76df2f73
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
そうですかぁ~、ともちゃんもMac派でしたかぁ~。
っていうか、そちらのブログタイトルからなんとなく推測してはいましたが。
やっぱり色んな意味でカッコイイですよね。Macは。
僕は初めて使ったのがMacだったので、
当たり前の様に、選択肢をそれしか考えていないんです。

いやぁ~、良かった。仲間が増えて。
(それだけで連帯感が持てるってのもMacのイイとこ?)

おじいちゃん、僕が言うのもなんですが、かっちょええですよ。
でも、幼い頃からそれを感じていた訳ではなくって、
やはり、つい最近でしょうか。そう思える様になったのは・・・
Posted by littleblue at 2006.08.27 00:41 | 編集
miz-zouさんとlittleblueさんの会話に横レス~
私もMacなんですよ~
うれしいな~Macって聞くと仲間みたいに思えてしまうんです。
たまに、winとも思うときあるんだけど、
やっぱりMacが好きなんだよね~。
何か嬉しくてコメントしちゃいました。

おじいさま、
>僕がおじちゃんを呼びにいくと、そこに在るのはいつも後ろ姿。

く~、かっちょええ~
その後ろ姿を勝手に想像してほれぼれしております。
15年建っても、やっぱりいいものはいつまでもいいんだよね。
Posted by ともちゃん at 2006.08.26 05:45 | 編集
miz-zouさん、またまたありがとうございます。

「根性」に「富士山」、ベタベタな職人ですね。(笑)
う~ん。目立つけど、目立たない所でしょうか。
確かに「頭上」です。なので、無視しようと思えばできちゃう所。

サクサクコメント、嬉しいですよね。
僕も旧Macでエクスプローラーばかり使っていて、
いくつかの不便があったんです。
でもある日、思い立ってサファリを試してみたら、
サクサクいっちゃって、もう壮快、壮快!!

僕はProですが(あ、クリエイターじゃなくて、MacBookProって意味)、
それって考えてみると半分はWindowsですよね?
だって「インテル入ってる(古っ)」もん!(←しつこい?)
Posted by littleblue at 2006.08.25 01:39 | 編集
ありゃ、目立つところなんですか。それは失礼いたしました。
なんだか、目線より高いところにありそうな写真だったので。
それに『根性』といい、『富士山』といい
本当に、すてきなキャラをお持ちのおじいさまですね。

いやーしかし、あまりにもサクサクコメントが打てるので
うれしくって、またコメントしちゃいました。

・・・Mac userとしては、気になりますよね。
わかりますよー。「仲間が減っちゃう」みたいな感覚。
実際「Winにしちゃおうか」って、気持ちの1%くらいは思いましたけど・・・
やっぱりMacの方が断然使いやすいし。
なんかクリエーターぽいよな^^って自己満足。
真のクリエーターじゃない、端くれなので
見た目で勝負!かっこだけ!です。

いやそれよりインテルにしたことで、そのうちMacの方が
裏切らないか心配なんですけど・・・
Posted by miz-zou at 2006.08.24 18:19 | 編集
miz-zouさん、New Mac おめでとうございます。
正直、miz-zouさんのMACが壊れたと聞いた時、
次はWindowsに乗り換えてしまうのではないか?と心配してました。
(僕が心配することでもないのですが・・・笑)
いやぁ~、良かった。

で、この船ですが、
そうですねぇ、けっこう目立つ場所に飾ってあるのですが、
昔から在り過ぎて、誰も意識しては見ていないですね。
いい感じに「馴染んで」います。
このおじいちゃんは、玄関に「根性」という木で出来た文字を飾っています。
根性の方も僕に受け継がれていたらいいのですが。
Posted by littleblue at 2006.08.24 08:07 | 編集
こうめさん、そう、富士山が好きなおじいちゃんです。
これ、飾ってあるというよりは、ただ「在る」という感じです。
そのおじいちゃんは戦時中、
(たしか)海軍のための「ケガ人を手当する人」をしていたので、
手先も器用で船の形もしっかり憶えている様です。

こうめさんの絵本への想いも、僕から見るとすでに職人並みなのですが・・・

バトン、遅れちゃっててゴメンなさい。
思うところあり、自分なりの記事にして受けようと
試行錯誤中(←大げさですが)なんです。
Posted by littleblue at 2006.08.24 07:40 | 編集
昨日こちらに来てみたら、画像が全部開かなくて
天井しか見えず「なんでshipなの?」と思っていたら
こういうことだったんですね。
さすがlittleblueさんのセンスは、このおじいさまから受け継がれているわけですね。
船もすてきだけれど、家のなんか、目立たなそうなところにひっそりと
飾ってある、お家の方のセンスもナカナカなものです。

New Macにてコメントしてます。
文字もだぶらず、快適です!
Posted by miz-zou at 2006.08.23 20:52 | 編集
おじいちゃん、富士山が好きなおじいちゃんですか?

かっこいいなー

職人・・っていう言葉に弱いです。憧れです。

ほしくなっちゃいますね。
でも、ここに飾ってあるからいいのかな・・

Posted by こうめ at 2006.08.23 08:21 | 編集
ともちゃん、ありがとうございます。
ここでよければ、「磨き」かけて行っちゃって下さい!

狭い仕事場で、入り口に背を向けるかたちで仕事をしていたので、
僕がおじちゃんを呼びにいくと、そこに在るのはいつも後ろ姿。
まさに「背中を見て育った」という感じです。
(僕の中に職人魂があるかどうかは謎ですが・・・)

たぶん、作られてから15年以上は経っていると思うのですが、
ここに来て、こんなにたくさん声をかけてもらえるなんて
思ってもいなかったでしょうね?この船は。
Posted by littleblue at 2006.08.21 00:25 | 編集
りんごさん、どうも。

この船は、大事にされているかどうかは分からないのですが、
ずっと、ただそこに在りました。(笑)

>我が家の階段部分とか・・・

うちにもいたる所におじいちゃんの「仕事の跡」が見られます。
そういう生活に密着した作品も素晴らしいですよね。
仕事で身につけた技が実生活で役立つって、分かりやすくてかっこいい。
りんごさんの(旦那さんの)お父さんは鉄、僕んちのおじいちゃんは木、
二人がコンビを組んだら、家でもビルでも立てれそうですね!
Posted by littleblue at 2006.08.21 00:15 | 編集
こんばんは~
いやあ~、いま、帰省してから今までの分、
見させていただきましたが、
なんつーか、ここに来ると創作意欲とか美術的センスに
磨きがかかる気がする。
アリガトウ・・・

>僕のおじいちゃんは鉋(かんな)職人でした。

この一文だけでしびれた~
いいね、職人って響き。
おじいちゃんは両方とも私が生まれる前に亡くなっているので、
なんだかうらやましいね~
こうやって作品として残っている上に、すごく、センスが良くて。
すごい宝物だね。
Posted by ともちゃん at 2006.08.20 21:39 | 編集
miyacoさん、はい、ただいまです。
お母さん、いいでしょ?
でも恐すぎて今は柵の中です。あ、もういいですよね。(笑)

家族が作ったもの、
あとは弟の描いた、似すぎていて気持ち悪い自画像なんかが飾ってあります。

miyacoさんちにも「作品」があるのですね。
子どもの絵だけじゃなく、おじいちゃんの絵もあるって、
なんかイイですね。なんか・・・
それにしても、長女ちゃんは(お幾つかは知りませんが)
もう油絵を描くんですか?ませてるぅ~。(笑)
乾くの待っていられるのかなぁ~。
Posted by littleblue at 2006.08.20 13:13 | 編集
センスいいね、マジでいい(^^)
ずっと飾ってあるモノ、大事にしてるモノ。
なんかステキだなー。

私おじいちゃんいなかったから
こーゆーのすっごい憧れる。いいなーって。

同じ敷地内に住んでるだんなの父は溶接の職人。
我が家の階段部分とかいろんなところが
実は作品だったりする。

うちの娘はもう少し時間がたったら
そんな感じで感じてもらえるだねー、きっと。
Posted by りんご at 2006.08.20 07:55 | 編集
お帰りなさい、なのかしら?
「総本山」いいですね~。とくにお母さんがいい。
威厳のなかにも優しさがある感じ(もういいって?)

さて、おじいちゃんの船、素敵ですね~!
こういう話大好き。

家族が作ったものが家のなかにあるのは良いですよね。
今、我が家のリビングには長女が描いた油絵と父(娘にとって祖父)が描いた油絵が仲良く並んでいます。イイカンジです。
Posted by miyaco at 2006.08.19 10:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。