--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.18

カマキリの大きさ

小学生の頃、図画の時間にカマキリの絵を描きました。
机の上にカマキリをのせ、それを興味津々な表情で覗き込み、
掴んでやろうと手を延ばしている、僕とカマキリのツーショット。

最初僕はカマキリを現物と同じ、
つまり延ばした自分の手をよりも随分と小さく描いていました。
それを見た先生は「もっと大きく描きなさい」と僕にアドバイスをくれ、
僕が少しだけ大きく描き直すと、さらに「もっともっと」と。
先生としては、子どもらしくのびのびと、
興味の対象を中心とした主観的世界を表現させたかった様です。
僕は先生のアドバイスを素直に聞き、さらに大きく、延ばした手の中には
とうてい納まりきれないくらいの巨大なカマキリを描きました。
結果、とてもダイナミックな絵に仕上がり、先生は満足そうでした。

その、現実にはあり得ないくらい大きなカマキリの絵は、
自分の感性に忠実になっただけでは描き得なかったもので、
何か借り物の様に感じたけれど、そんな違和感が逆に新鮮でもありました。
その絵を、僕はとても気に入っていたし、
先生にも褒められ、コンクールで賞を獲ることもでき、
よい思い出として僕の中に残っていました。
だから先生のアドバイスに従ったことは良かったんだ。
ずっとそう思っていました。

そして最近、こんなことを考えます。
カマキリを、見たまんま、現物と同じサイズで描こうとしていたところが
当時の僕の個性だったのではないかと。
主観的世界ではなく、現実的世界を映しとることにこそ、
興味を抱いていたのではないかと。
大きく描かれたそのカマキリに新鮮さを感じていたことは確かです。
でもそれと同時に、その絵が僕のものであるという感覚を、
いつになっても持つことが出来ずにいたのです。

何がいいとか悪いとかをここで書きたいわけではありません。
だけど、その子どもが執着を見せることは、
必ずしも大人の思う「子どもらしいこと」ばかりではないかもしれない。
リアルに現実を映しとることに必死になる子どももいるかもしれない。
そういった個性の存在の可能性に、眼を開いておくことも必要ではないかと。

大きく描かれたカマキリを、いたく気に入って、
賞まで頂いて、よい思い出を作ることができた素直な子どもは、
大人になってひねくれた今、ひとりそんなこと思うのでした。(笑)
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/137-8651b637
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
miyacoさん、
いつでも思いっきり愚痴ってスッキリして帰って下さい。
そんなのも受け入れる余裕に憧れている僕ですから。(笑)

でも、ちょっとこれでは詳細がわからない・・・
あ、わからないからいいのかな?

キーワードは「自信」でしょうか?
Posted by littleblue at 2006.07.22 07:48 | 編集
なんか、このカマキリなどなどの話は
ちょうど自分が今落ち込んでいる理由と
近いところでのテーマだったのでした…。

私はこうだからいいんだもん!!
と言いきったときの結果と、
相手の言うことを受け入れる(それも右からも左からも言われる)
ときの結果と、まぁ、いくつかの選択肢があるとして。

作品自体とは関係ないことでやる気をなくしていて、
なおかつ自分が決めなくちゃならなくて、
という、状況にいる私でした。

人のところで愚痴るな!って感じですね(笑)
スイマセン(^^;)
Posted by miyaco at 2006.07.22 01:16 | 編集
miz-zouさんも、ひねくれちゃったんですね。(笑)

この記事を書いた後に、じゃあ先生ってどうしたらいいの?
って少し考えちゃいました。
(もちろん、答えなんてないんでしょうが)
アドバイスが邪魔になることもあるし、
かといって黙っているだけでも意味がない。結局よくわかりません。

でも、ひとりではなく学校でみんなで描いて、
干渉ではなく刺激しあうことには、大きな意味がありそうですね。

そうか、miz-zouさんは目がおっきいんですね?
Posted by littleblue at 2006.07.21 01:27 | 編集
私自身もそういう思い出、いっぱいありますよ。
自画像を描いた時に、目をすごくおっきく描いたんですが
先生が細ーい線のような目に直しちゃって
自分にしてみたら全くの別人。
その時は、先生がゆるせませんでした。
そんなことが続くうち「大人が喜ぶ絵」をわざと描く
ずるがしこい子どもになりました。
作文や読書感想文も、大人が喜ぶ子どもっぽい文章に仕上げると
学校の代表に選ばれたり、賞をもらったり・・・
ひねくれた精神の持ち主だと、こんな子ども→さらに大人
になっちゃうから、ご用心ですね。
Posted by みずぞう at 2006.07.19 19:28 | 編集
フラニーさん、
フラニーさんのお子さんは、まとめずにおおらかに(?)、
僕はコンパクト(?)にまとめたかった。
真逆のようですが、言いたいことは同じですね。

先生ってそういうものなのでしょうか?

長くなりますが、もうひとつエピソードをいいですか。
やはり小学生の頃、油絵のべたべた絵の具を盛ったような感じに憧れて、
でも油彩なんてまだ知らないから、水彩絵の具をべたべたに塗っちゃったんです。
そしたら、先生に「なんだこれは!」って言われてしまって、
展覧会まで日がないのに、全て書き直し。
その時は近くのお寺を描いていたのですが、
本当に時間がなく、結局2枚目は建物の土台の部分しか描けなかった。
残りの上部の8割くらいは空色を塗ってごまかしました・・・
(といっても、そんなのごまかせる訳ないですけどね)

でも、それはそれでアヴァンギャルドな絵になって、
展覧会でもひときわ目立ってました。(笑)
今でも本当に良い思い出です。

フラニーさんちの今年の学芸会は楽しみですね。
また披露して下さいね!
Posted by littleblue at 2006.07.19 07:14 | 編集
オリーブさん、難しそうに書いちゃってごめんなさい。

そうです。要するに良い経験だったなぁ、と。
ずっと残る思い出を作れて、賞を貰って(しつこいですが自慢です)、
そして今ごろ、そういったことに思いを馳せることもできた。
だから逆に、その時に先生が僕の小さなカマキリを放っておいたら、
たぶん何も起こらずに、描いたってことすら忘れてた。

将来パパになったときのために、大事にしまっておきます。
Posted by littleblue at 2006.07.19 07:00 | 編集
去年、子どもが秋の展覧会に向けて描いた絵が
自分の靴というお題で、それがとてもまとまった
感じだったのですよ。
でも本人は、先生があちこち直したから、
自分の思うような作品ではなくなったと
言いました。
だから、それほど愛着もないから、捨てていいって。

littleblueさんの記事を読んでいて、ふと思い出して
しまいました。

たぶん、まとまっていなくてももっと自分なりの表現を
してみたかったんだろうな。
図工では、そういうことが多々あるらしく、
今年の学芸会は気が楽なんですって。
それなりに、自分らしく表現できるってことかな。
Posted by フラニー at 2006.07.18 22:47 | 編集
難しいことはよくわかりませんが、
これもひとつの(良い)経験かと思います。
littleblueさんが今、そのように感じるということは、
将来、子どもができたときに、
その子どもにどのように接したらよいか、
ヒントを得ることができたのではないでしょうか?

Posted by オリーブ at 2006.07.18 22:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。