--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.10

見て欲しい。

花がほしかったわけじゃなかったのに、

どうしてもどうしても

花を見せたい気持ちの自分がいた。

どうしてかわからない。

でも花を見せてあげたかった。

(本文より)



「 ふたりの絵本 結婚。」 ナガオカケンメイ

この本は、ナガオカケンメイさんというクリエイターが
奥さんに宛てて書いた手紙を、そのまま文庫化したものです。
手書きの文字にラフな線画を「そのまま」に。
とても個人的なものなので、僕の思いは挟まずに、まずは説明しますね。

結婚2年目。
子どもは生まれたけれど、夫の仕事は多忙を極め、
妻は育児に追われ、家にいてもすれ違いの多いふたり。
そんなある日、夫の会社へ妻からの電話がある。

「 なんだかつかれたから花を買ってきて。」

もちろん最初、夫は苛立つ。
こんなに忙しい時に、って。
でも、その日の仕事は案外はやく片付き、
深夜12時過ぎ(って遅いじゃん)から、
夫は妻のために花を探しにゆく・・・
そんなエピソードを通して、
結婚して忘れかけていた「好き」という気持ち、
それを思い出すことが出来たと、夫は妻に手紙で伝える。
こんな感じ。

僕はまだ、結婚を経験していません。
だけどこの「どうしてもどうしても 花を見せたい気持ち」、
わかる様な気がするのです。
それは、自分の中にある何ものかを
見せなければいけない、伝えなければいけない・・・
そんな切実な想いと似ています。
本当は「花を見せたい」んじゃない。
花を見つけた「自分」を見て欲しいんだ。(子どもみたいですね)
そして、それを見た時の「あなた」の顔を見たい。
そう思います。
学生の頃、必死で作品を作っていました。
課題もやったけど、それ以上に、常に何かを作っていました。
それは、自分の中にある何ものかを、他人に見せたかったからです。
不器用な自分を、作品を通して見て欲しかったからです。
そしてやはり、「あなた」の喜ぶ顔が見たかった・・・

すみません。
いつの間にか僕の想いの方へ引き寄せてしまいましたが、
その手紙の最後の方には、こうあります。



つまりは「ふたり」の、そういう絵本です。
この記事へのトラックバックURL
http://lionni.blog42.fc2.com/tb.php/117-26539334
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2006.09.25 17:31 | 編集
ともちゃん、行動早いですね~、びっくりです。
でも、本当におすすめ本なので、少しでも広めることができて嬉しいです。
ありがあとう。

そうそう、「あとがき」ね。

後程、伺いますね。
Posted by littleblue at 2006.08.30 02:40 | 編集
読みました。
やっぱり泣きました。
あとがき読んで悔しかったけど。
自分と重ね合わせてブログに書いたので
良かったら見に来てね。
Posted by ともちゃん at 2006.08.29 15:45 | 編集
ともちゃん、
>何かあると読み返す。
>するとなぜかとても素直で温かい気持ちになる。
分かる様な気がします。
手紙を書く様な時の気持ちって、だいたい素直ですよね。
だから手紙には、その素直な気持ちが乗っかっていて、
読むと「すぅっ」と戻れる気がします。

この本はですね~、ホント泣きます。
手書きで文字が極端に少ないので、
すらすら読めて、そのスピード感で一気に号泣へ・・・
あまり書店では見かけませんが、なんとか探して是非読んでみて下さいね。

僕も、もし自分の手紙を誰かに見られたりしたら、
それもある意味号泣ですね。(笑)
Posted by littleblue at 2006.08.27 00:50 | 編集
うわ、ヤバイ!
朝から涙が出てしまった。
この本読みたい!
私もね、手紙大好きなの。
口で言うより素直な気持ちが伝わることが多いような気がして。
それで旦那とケンカしたときも手紙で謝ったり謝られたり。
誕生日とか結婚記念日のプレゼントは手紙が欲しいって私が言うから、
旦那は手紙を書いてくれるのね。
それ、結婚してからもらった手紙全部とってあるの。
で、何かあると読み返す。
するとなぜかとても素直で温かい気持ちになる。
私の宝物なんだ。
これは誰にも見せないし、見せたくないけどね。
でも、この本は読みたいな~。ふふふh
素敵な本を紹介してくれてありがとう。
Posted by ともちゃん at 2006.08.26 05:59 | 編集
こうめさん、手紙好きのこうめさんらしい意見ですね。

以前、ある古本屋さんで「有名作家直筆の手紙」
っていうのが売られたいたんです。
作家さんが誰かに宛てて書いた手紙が、何故か「お店」にある。
それを見たその時の僕の彼女も、
こうめさんの様なことを言っていたことを思い出しました。
手紙を貰った人は、それを売ってしまったのか?って。

でも、この本は出版社の方が手紙で、
丁寧に奥さんにお願いしたそうです。
同じ様な思いをしている夫婦の方々に、是非読んで頂きたい、と。

許してね。

あまのじゃく・・・?
それを書き初めに活かしてみては?
「あれもこれも、ぜ~んぶ食べろ!」とか。(笑)
Posted by littleblue at 2006.06.13 20:58 | 編集
フラニーさん、
「回想中」のお気持ち、見つかりましたでしょうか?(笑)

素直になることって、ホント大事と思います。
たとえその気持ちがあっても、相手に対して意地をはっていては
伝えることはできませんもんね。
でも、常には持っていなくても、フラニーさんの様に
たくさん本を読まれたり、いろんなことを感じられたりして、
その都度(その時だけでも)思い出して、
それを繰り返すだけでも、とても意味があるように思います。

こちらこそ、ありがとうございます。
Posted by littleblue at 2006.06.13 20:46 | 編集
miyacoさん、あの雑誌(冊子?)、ご存じでしたか。
ナガオカさんも、あのお店も、活動も、
本当に面白くって、いつも注目しています。
そう、真摯な態度。
この方のものの見方、表現の仕方、いつも僕にもフィットします。

これ、泣きますよ。
結婚してない僕でもジ~ンときましたから。
立ち読みが止まらなかった・・・(もちろん、その後買いましたよ)

先程、miyacoさんのもう一つのブログの方も散歩させて頂きました。
デザインに関してもお詳しそうですね。
今度、道を訪ねてみようかな。
Posted by littleblue at 2006.06.13 08:05 | 編集
手紙を、ラブレターを、
本にされてしまうなんて、
オクサンは怒らないのかな・・

だって、作品ではないですよね。

ずっと考えていたのだけど、
わたしはあまのじゃくなのかな・・
Posted by こうめ at 2006.06.12 21:39 | 編集
素直になるって、素敵ですね。
好きだったきもちかぁ・・・。(回想中)
確かにあったはずの気持ちで、今もなくはないはずの気持ちなのに、
知らないうちに、他のいろんなことに埋められて、あまり対峙することが
なくなっていることに気づかされますね~。
ドッキリです。ありがとう♪

Posted by フラニー at 2006.06.12 16:06 | 編集
あああ、ヤバい!
読んでみたいけど泣いてしまいそうです。

ナガオカケンメイさんって『d long life design』の編集発行人さんですね。
あの雑誌(冊子?)は好きでよく読みますよ。お仕事に対してすごく真摯な方だなぁという印象です。それをよく理解しているからこそ夫を責められない妻…そこ一番見習わねば、な私です。
Posted by miyaco at 2006.06.12 12:01 | 編集
jasuminさん、わかりました。「イイ加減」でね。

表面張力、よい例えですね。
それ以上いったら破裂しちゃう、ギリギリのところ。
そんな想いを保てたら、日々がどんなに充実することか。

僕の個人的な経験でも、愛しい「わがまま」によって、
その時のおも~い空気が救われたことってあります。
愛しい「わがまま」って、ちゃめっけたっぷりの「愛」なんですね。

失礼かもしれませんが、
jasuminさんは「大洪水派」かな?と思ってました。(笑)
Posted by littleblue at 2006.06.12 01:42 | 編集
見返りを期待しない「大切な人になにかをしてあげたい気持ち」
すごく愛おしいです。
無理難題に聞こえる「わがまま」も愛おしいです。
コップに水をいっぱい慎重に注ぐみたいに
なんていうのかな?表面張力いっぱいいっぱいくらいがいいのかも(笑)
どちらも注ぎすぎずにめいっぱい。
ちょうどイイ加減。(いい加減じゃなくてイイ加減ね)

でも時々なら大洪水くらいもらってもいいなぁ!
(あ、ずれたっ!)
Posted by jasumin at 2006.06.11 22:49 | 編集
moonさん、はじめまして。
こちらこそ、ありがとう。
「自分の気持ちの向き」、僕も今日ちょうど、
別の記事のことを考えていて、その言葉が出て来たんです。

他人に好かれることも幸せですが、
何かを好きだという気持ち(そう、無心に)を体験できる
ということもまた大切な希望ですね。
好きであるが故に辛いこともいっぱいだけど・・・

好き嫌い以外にも、自分がその時そこで感じることの出来る感情に
敏感になり、大切にしっかりとそこで感じておきたい。
最近はそんなことをよく思います。

取り戻しに行ってきて下さいね。
Posted by littleblue at 2006.06.11 08:08 | 編集
人を心から思うときの自分の気持ちの向き・・・
そんなことを思い出しました。
モノじゃない、お金をかけることでもない、本当に大切なことは・・

自分が誰かに夢中になれること、何かに無心になれること、そんな素晴らしいことってないかもしれない。

忘れかけていたことを思い出しました。
そして、取り戻したいとも思いました。
littleblueさん、ありがとう。

Posted by moon at 2006.06.10 20:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。