--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.31

いやー、




いやー、今日は走ったなー。
いつもの倍(40分以上)は走ったなー。

首コリに腰痛、そして、
先週は熱中症と思しき症状でダウン・・・

もう、イヤだぁぁぁ!
と自分の貧弱さに苛立ち、肉体改造を決意っ!

あのソクラテスだって、
善く生きるために日々肉体を鍛え、
健康管理を怠らなかったそうだ。

よしっ! この夏、変わろうっ!

一つ気付いた事。
思いっきりカラダを動かした後には、
水ではなく、味のついたものが飲みたくなる。
今夜は「ブルガリア のむヨーグルト」をイッキ飲み!
スポンサーサイト
Posted at 23:28 | ライフ | COM(10) |
2007.07.29

花火




近所で「バンッ バンッ」と音がしたので、
ふらりと散歩がてら見に行ってみた。

昔は、火の粉が降りかかってくるくらい(ホントーに)
間近で見たがるタイプだったけれど、
今年は、ちょっと控えめな距離からがいいな、
そう思った。

歳のせいだろうか。

夏の夜の散歩は、本当にいいなぁと思う。
何だろう。
春でも秋でも、もちろん冬でもなく、夏。

今そう思うからには、
幼い頃に何かいい思い出があったに違いない
と想起してみるけれど、特には何もなみたい(笑)

でも、子どもの頃って
基本的に夜は家にいるもんだから、
花火とかお祭りとかで
たま~に夜の外出ができる日があると、なんだか
親公認でワルさをしてるみたいな気分になっちゃって、
とってもワクワクした。

春でも秋でも冬でもなく、夏の夜だけが、
未だにそんなワクワクの香りを、
ほんのりと運んできてくれる様に感じる。
Posted at 11:05 | ライフ | COM(8) |
2007.07.29

やじるし。



影の案内人? 影が案内人?

at 上野公園
Posted at 10:41 | 路上にて | COM(2) |
2007.07.26

なぞなぞです。




これは一体、
何が言いたいのでしょうか?

ヒント:
ニュース見てないから分かんないけど、
関東もそろそろかなー。


久しぶりになぞなぞなんぞやると、
これってホント頭の柔らかさが試されるなぁ、と思ったりします。

分かっても分かんなくても、
どっちでもいいけど、とにかく色んなパターンの見方を、
頭の中でシャッフルシャッフル・・・
Posted at 08:29 | 絵づくり | COM(4) |
2007.07.24

嫌いじゃないけど、


住むには、ちょっと勇気がいるかも・・・




利休は息子の紹安(じょうあん)に、
露地の掃除を何度もやり直させて、言った。

「ばか者。」
「それは露地の掃除の仕方ではない。」

利休は庭に下りて一本の樹を揺さぶり、
庭一面に、金色と深紅の葉をまき散らした。

利休が求めていたものは、
ただの清潔でなく、自然との調和だった。

とのこと。


ううん、なんか住める気がしてきたゾ(笑)
Posted at 08:31 | 路上にて | COM(4) |
2007.07.21

こんとんさん


今日の午前中に、僕の部屋の一部が
カオス(=こんとん【渾沌】)状態になっていると書きました。

そんで、ちょうど今日読んでいた本に、
渾沌さんのお話が出てきたので、ご紹介しようと思います。

昔、中国に「渾沌さん」という
目も鼻も耳も口もない皇帝がいたんだそうです。
渾沌さんは、南北から訪れる客人をとても手厚く接待しました。
感謝した客人たちは、お礼にと渾沌さんに
目・鼻・耳・口の合計七つ穴を、
一日に一つづつあけてあげたんだそうです。
そしたら渾沌さんは、七日目に死んじゃったという・・・

なんか、夢にでも出てきそうな、
おかしい様な、哀しい様な、怖いお話です。

渾沌とは、人の手の加わっていない未分化の状態を言うため、
客人たちの手によって穴があけられた渾沌さんは、
その時点ですでに「渾沌」ではなくなってしまったのですね。

というわけで、僕の部屋の「渾沌さん」も、
あまり手を加えず、そっとしておいた方が良さそうです。
2007.07.21

これは、


「マウス」ではなく「石鹸」です。




言葉は難しいけれど、
言葉なんて簡単なもんで、

例えば悲しい時、
言葉の「悲しい」は「悲しい」だけで終わるけど、
実際に自分の身に「悲しい」ことが起こったら・・・
と想像すると、それはもう辛いわけで、

痛い時だって、
言葉では「痛い」と記すだけ。
でも自分の身体が「痛い」かったら、
それも、ものすご~く「痛い」かったら、
その時にはこうやって、
パチパチとキーボードを打ってなんていられないわけで。

そこにある言葉が示すものを、
ひとつひとつ
自分の身に置き換えて想像してみると、
(本当にひとつひとつやったら身が保ちませんが・・・)

言葉がいかに簡単なものか、そして、
実際に示されているものとは別のものか、
ということが、よ~く実感されて、

何だかガックリくることがある。
Posted at 21:46 | ことば | COM(4) |
2007.07.21

一つのこと




一つのことにのめり込むと、
その「一つのこと」にくっついた「色んなこと」が見えてきて、
結果的には広く様々なことが得られる。

「狭く深く」のその先は、きっと「広く」に続いているんだと思う。
(「広く」なっても深く在り続けるかどうかは分かりまへん・・・)
2007.07.21

暑いので、




パンツいっちょで積んでます。

30歳の男です。
端から見たら、変態です・・・(笑)
2007.07.21

カオス




いつも、室内でブログ用の写真を撮る時には、
あたりの物をキレイさっぱり除けちゃって、
いたってシンプルな部屋を演出しているのですが、

実はこんなふうに、
ちゃんと(?)カオティックな場所もあるんですよ。

デジタルからアナログまで、
日々使うものたちは大体ここに投げ込まれています。
最近ハマった「お茶のかりんとう」や、
ハットの汗を拭き取る「おでかけ 除菌 ウェットティッシュ」。
コーヒーミルなんかも転がっちゃってますが、
決して汚い場所ではないので大丈夫、たぶん・・・(笑)

撮って、眺めてみて、一番謎だったのが、
ついこの間まで読んでいた文庫本の上に、
ここ数年使ってないはずの「ハケ」が、何故か置かれていること。
この現象はいったい・・・???

こうした生活の中で自然に起きた現象を、
一度、俯瞰して眺めてみることで、
案外ホントの自分が見えてくるかも知れませんね~。
簡単にできる「プチ・本当の自分探し」です。おすすめ。




寄って撮ると、まるでジャングルの様・・・

このところ、書く時間があったら、
読む時間や、聴く時間や、身体を動かす時間にあてたくて、
(その割に、結局は毎日疲れて寝ちゃってるのですが・・・)
ついつい更新が滞ってしまいがちでした。

今日の東京は、曇り!
2007.07.16

個人的には、




こんなんも好きです。
あっという間に、終わります。
2007.07.15

信じる。


初めて煙草を吸ったのは、おそらく中一の時。
近所のお寺の床下に潜り込み、友達同士で吹かし合った。
その一服を、本当にウマいと感じることができたなら、
それはもう「お子様」からは抜け出た証拠なのだ、と信じて。

「 信じることに場所をあけるために、
  知ることに制限をくわえなければならなかった。」

と、ある哲学者は言ったらしい。

知ることはとても大切だけど、
知っても知っても、僕らには所詮、
この世界の全てを知り尽くすことなんかできない。

だから、
ある地点で「知る」を諦めちゃって、というか、
知ることで理解する(した気になる)ということに歯止めを打って、
変わりにそこから先は、ただ無心に信じてみる、
なんてのも、たまにはいいんじゃないか。
信じるという心の在り方でしか観えてこないものも、
きっとあるんだろうし。



妖精については、
あまり知り過ぎない方がいいのだろうか?

降り続く雨に気がしずむ日は、
なんだか、そんなことも考えてしまう(笑)
2007.07.14

さて、




どう撮ろうか。

ある方に、
この積み木を撮影するよう頼まれているのですが、
ごめんなさい。やっとこれからです。
ホントーに、ごめんなさい。


今日は、知り合いの出演(演出)する芝居を観に荻窪へ。
舞台ものは、ちょ~久しぶりだったけれど、
良かったです。

安アパートの床に刺さる伝説の剣。
その剣を抜くことができた者の願いが叶うという。
怒濤のごとく押しよせる「笑い」に大ウケしつつ、
願いごとを唱えながらでないと剣は抜けないという
終盤になって明かされた「ちょっとしたコツ」なんかは、
深く考えてみるとなかなか面白いかも知れない、とも思った。

全体的にとてもタイムリーな笑いに包まれていたため、
もし、それ以外に伝えたいメッセージがあるのなら
そっちの方はボヤけてしまうのでは?と思ったけれど、
考えてみれば僕の方こそ、舞台でもライブでも、
生での鑑賞は数えるほどの経験しかない。
だから、ただ僕が「生」の勢いに押されちゃって、
分かりやすい部分しか見て取れなかったのかも。

ともあれ、劇団のブログには
「遊園地みたいなお芝居を創るべく」と書かれていただけに、
とにかく楽しい演劇でした。

出演者の方々のよく通る声が、本当に羨ましかった。
Posted at 10:29 | ライフ | COM(0) |
2007.07.10

1とか10とか




下は、とある宝石・時計店の広告コピーからの抜粋です。
ちょこっと話題になったらしいので、
ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。


『 時の商人 』

その商人は時を売っていた。

「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?1分から承ります」

ある男は商人から1時間買った。

1時間買った男は、

それを読書の時間に使った。

ある女は1週間買った。

1週間買った女は、

それを海外旅行に使った。

「10年欲しいのだがね」

ある老人は商人に聞いた。

「お客様、10年だと、すこし値がはりますが」

「かまわん。10年ぶんよこせ」

10年買った老人は、

それを病気の妻に譲った。



これ、僕は好きです。
これを読んで、1とか10とかについて考えたことは、
人でも物でも、1時間や1週間位なら
一緒にいたいと思うことって、まぁ、あると思うんです。
でも、10年先を見通して、ずっと一緒にいたいと思うなら、
そこにはきっと、愛があるんだろうなぁ、と。

写真は、先日のと同じ写真集「LOVE ON THE LEFT BANK」より。
Posted at 00:33 | ことば | COM(10) |
2007.07.09

帽子人生




幼い頃から
ひたいの「蒸れ」が嫌いだったのと、
絶対に似合わないとの自負で、
20年来、ずっとか被ってこなかった帽子。

数ヶ月前、
友達に「似合いそう!」とおだてられ、
意気揚々と人生初のハットを購入。

その後、
帰郷の際、母と祖母に笑われ、
父には「東京ではいいかも知れないが・・・」と。
自信喪失。

が、昨日、
会社の方に「いいじゃない!」と褒めていただき、
再び自信を取り戻す。

帽子人生、まだまだこれから。
2007.07.07

+水


暑いけど、なんだかんだで、
やっぱりホットコーヒーが飲みたくなってしまう今日この頃。



アイスクリームの付け合わせには水を。
これは昔、父から聞いたことです。
アイスクリームは冷たくて、そればかり食べていると
舌が麻痺して味が分からなってしまうから、
ちょっとぬる目の水と交互に口に入れるといいのだと。

僕はそれをコーヒーでも実践しています。
コーヒーも、熱いのと濃いのとで(僕は濃いめが好きなので)、
すぐに舌が味覚的に染まってしまうから、
適度に水でリセットしながら。

あと余談ですが、
先日コーヒーを飲みながら柿の種を食べてみたら、
(↑ それがすでに間違い!)
食べる前と後で、コーヒーの味が全く違うものに感じられました。
(↑ 当たり前じゃん!)
こりゃ、微妙な焙煎度や豆の品種の差なんて、
食べ合わせ次第でイチコロだな、と思いました。

コーヒーに関する、ホントどうでもいい話でしたー。
2007.07.06

あるのになぁ


人間は「ない」という否定形を想像することができない、
と、どこかで読んだ覚えがあるのですが、
それ、よく分る気がします。




上は、もう10年以上前に撮った写真。
これを見る度に、なぜか井上陽水の『傘がない』を連想するんです。
そう、あの「都会では自殺する若者が~♪」という重い歌。

まったく、不思議なもんです。
傘がある写真を見て、傘がない・・・ なんて。

だけど、不思議なことはまだあって、
この写真では「傘がある」のと同じくらい確実な事実として
例えば「傘立てがない」とも見てとれるし、
また「自転車がない」とも「キリンがいない」とも言える。
だけど、この写真を見て誰もそんなことは思わないわけです。
もしこの写真を見て「キリンがいない」だなんて言う人は、
極度のキリン愛好家、もしくはそんな人は、
きっとこの社会では、とっても生きにくいでしょうね(笑)

僕らは「ある」ことを見ていると同時に、
実は無数の「ない」ことに目をつむっている。

そう考えると、最初に書いた
人間は「ない」という否定形を想像することができない、
ということが、なんだか当たり前のことの様に思えてきます。
いちいち数えきれない「ない」を捉えいてたら、
それだけで頭がパンクしちゃいますからね。

な~んて、朝からしょうも「ない」ことを書いちゃいましたが、
どうかこれにも目をつむってやって下さい(笑)
2007.07.05

涼。



Posted at 08:08 | 絵づくり | COM(0) |
2007.07.02

覗いてみよう




たこ焼き、焼き鳥、お好み焼き・・・ (お持ち帰り出来ます)

たまに、占い、やってます。

夜は、楽しい屋台村。

さぁ、みんな、覗いてみよう。

at 梅丘
Posted at 08:35 | 場所 | COM(4) |
2007.07.01

新しいリュックを




窓際にかけて写真を撮ったら、
リュックを境に、左右の世界で明暗が分かれた。
光と闇のあいだのカラフル・・・

新しいと言っても、フリマで買った古~い型の「MILLET」。
このカラーリングがいいんです!
この旧ロゴ(現行は別のロゴ)がいいんです!
¥3500のところを¥3000まで値切って購入。
状態は良いし、今は手に入らないということを考えると、
なんとも嬉しい買い物。

当分は姪っ子を入れる予定もないので(笑)、これで。
Posted at 01:16 | もの | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。