--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.23

帽子を買いました。



キャプではなく、はじめてのハット。
きっかけは、友人達に「けっこー似合うじゃん」と言われたこと。
そう、調子にノッちゃったわけです。

で、買うに至ってはじめて分かったこと。

1. 持つ際には必ずツバの部分を両手でそっと。
2. どれだけ汗をかいても基本的に洗いはNG。
 (よって日々の手入れがとても肝心になる)
3. ちょっとイイものになると裕に2~3万円越え。
 (あ、僕のは全然安いです)
4. イカツイお顔の店員さんでさえ、呼び方は「お帽子」と。

てなわけで、
帽子とは本来は、紳士・淑女のものなんだなぁって、
歴史的なことは全く知りませんが、そう感じちゃいました。

もちろん、
そんなことはどーでもいい&もっと自由にかぶればいい、
っていうのもひとつの在り方。
でも僕は、このジェントルマンでちょっと窮屈な感じがいいなぁ、
と、今回ばかりは思ったのでした。

ある作法や型を借りることで、
いつもとは違った自分を気取ることができる、みたいな。

最近すっかりおしゃれから遠のいていた僕ですが、
(もともと近かったわけでもないんけどね・・・)
お帽子をかぶることで、いとも簡単に、
ちょいおしゃれ「っぽく」見えてくれる。
ホントに助かっちゃって、なんだかハマりそうな予感です。
スポンサーサイト
Posted at 00:30 | もの | COM(12) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。