--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.02

今日の越後は、



雨降りです。

特に予定もなく、散歩もサイクリングもできないので、
取り留めのないことを書こうと思います。

昨日、父親の部屋の模様替えを手伝っていたら、
新しく届いた(といっても中古の)デスクの引き出しから、
使い古しの鉛筆が数本出てきた。

みんな同じくらい短くて、しかもちゃんと削ってある。
使い込んでる。

もちろん職業にもよるけれど、
今時あまり見ないモノだったので、思わずパチリ。

僕の左の掌には、鉛筆の芯が刺さった跡がある。
もう十年以上前からかなぁ。
刺さった時は、もちろんすぐに抜いたけど、
鉛が全部抜けきっていなくて、黒くホクロみたいに残ってる。


話は変わって、
最近読んだ本に面白いことが書いてあった。
僕らは、経験したことを言葉で表現すると、
経験そのものを誤って記憶しやすいらしいと。
(おぉ、まさに今僕がやっているこの行為じゃないか・・・)

言葉は、経験をかいつまんで表現するから、
しかも言葉の数は、経験の数ほどに多くはないから、
経験の言語化という作業は、どうしても、
開いた花びらを、再びきゅきゅ~っと
つぼみに戻すかの様な、圧縮の作業が必要になるのだろう。
(たぶん。ココは僕の解釈だけど・・・)

その過程で僕らは「経験そのもの」よりも、
むしろ「言語化された経験」の方を記憶してしまう、らしい。

もちろん、それは決して悪いことではなくって、
そうやって次々に起こる無数の出来事の
ポイントだけを記憶するという、優れた特徴でもある。
だって「生きた分だけの長さ」の記憶なんて、持てっこないんだし。


でもやはり、ホントに大事な経験を、
すぐに言葉にしてしまうのはもったいないのかも知れない。
ある程度、味わって、まどろんで、
場合によっては言語化なんていう作業は、
その後のあと片付けの様にすればいい、のかも知れない。

ということを心に留めつつ、
これからもココを書いていきたいなぁ、と思う。
スポンサーサイト
Posted at 14:30 | ライフ | COM(10) |
2007.05.02

& Aging







Posted at 12:23 | もの | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。