--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.29

life&bicycle



自転車で通勤を始めてから、
毎朝、大きな公園の中を走ります。

犬と散歩をしている人、
ジョギングをしている人、
ベンチで日光浴をしている人(たまに僕も)、
色んな人たちの「朝」の横を通り抜けて。

緑もいっぱいで、とても心地いい。

電車での通勤も、車中では読書ができるし、
それはそれで楽なのですが、

チャリンコで走るのは、身体を動かすことと、
視界に飛び込んでくるものの刺激の多さという点で、
今の僕にとって、とても新鮮。

何を思うにも、
脳内に「既に在るもの」が素材になるのだから、
一見どんなに斬新に見えるような発想も、
それらの「既に在るもの」の戯れの産物にすぎない。

そして、もちろん「既に在るもの」は、
そこに何を入れるかによって、日々変化していく。

だから、
日々何を視るか、は、きっと、
日々何を生むか、に繋がるんだと思う。
スポンサーサイト
Posted at 11:08 | ライフ | COM(4) |
2007.04.29

ちょいレア



ありがとう。

「はねうたゆみこ」さんとこの
プレゼント企画でいただいたポストカード。
今、こちらで遊んでます。
Posted at 09:54 | もの | COM(2) |
2007.04.29

三つ


教育とは、人が学校で学んだことをすべて忘れた場合に、
あとに残っているところのものである。

アインシュタイン



僕は三人きょうだいの一番上で、
下には弟と妹がいる。

僕と弟の間に
ひとつ、いのちが流れていたらしく、
幼い頃、そのことの意味を知らないままに
しつこく聴きよった僕に、
母が仕舞いに激怒したことがあった。

「もうやめなさい!それがなかったら、
 ○○(弟)は生まれてなかったんだから!」と。

その時はもちろん、
母が何故そんなに激しく怒り出したのか、
まったく意味が分からなかったけれど、
不思議と、理不尽だとも感じなかった様な記憶がある。

母はもうとっくに忘れているだろうが、
そのエピソードは、僕にとって、
ある意味「いのちの教育」に成り得ている。
(まぁ、カッコよく言うとね~・笑)

今日も東京は気持ちのいい天気です。


写真のカップは、
赤堀友美さんという方の作品。
形が好きで、前から持っていた上の二つに加え、
三つ目を購入。
Posted at 09:21 | 幼いころ | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。