--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.23

滑った。


「美しい経験」ってどんなんだろ? と、ふと思った。

中学生のある冬、
夜の凍った路面をアイススケートの様に滑って遊んだことがあった。
クラスメイト数人でバスに乗って遠出をした帰りのこと。

新潟の(特に当時の)夜は冷え込むので、路面には氷が張った。
一時間ほど、閉め切ったバスの中で揺られ続けた僕らは、下車後、
その凍った路面を見ると「やっと解放された」とばかりに弾けた。
みんな一目散に滑りだした。
しばらくは列を作って滑り、その後はそのまま、それぞれの家路へ散った。

( 実はその日は入院中の担任の先生を見舞った帰りで、
  少し痩せ細った先生の姿を目にした後だったため、
  それぞれが抱えた胸の内は、案外複雑なものだったと思う・・・)

夜、雪、友達どうし という
少年にとっての三大ワクワク要素(?)に満たされ、
滑っているひと時だけは、その日の出来事を忘れることができた様に、
(あるいは必死に胸中に押し込んだままでいたのか・・・)
ただただ、滑った。楽しかった。

これがたぶん、
地味だけど中学生時代の最高の思い出。

この、この上なく楽しかった経験は、
僕の中でゆっくりと熟し、今、ある別の印象を持つに至っている。
記憶は決して「そのまま」では保存されない。
あの日の「楽しい経験」は今、
時を経て僕の中で「美しい経験」として思い起こされる。
スポンサーサイト
Posted at 08:44 | 幼いころ | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。