--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.23

足湯、はじめました。



この冬の足湯ライフにと、
D&DEPARTMENTのネットショップで、
「養魚場用ホーロー洗面器・深型32cm」を購入してみました。

で、届いた昨晩、さっそく試してみたんですが・・・

考えてみれば当たり前だけど、32cmってサイズは、
上の縁(?)の部分の、つまりは最長部のサイズことで、
実際の内部は、もっと、ずっとずっと狭かった。
計ってみたら、底部は、たったの22cm。
あぁ・・・

ということで、
僕の26.5cmの足は収まりきらず、
よって、この冬の僕の足湯ライフは、
常に指先を折り曲げてのそれとなるのでした。
あぁ・・・


まめ知識として。
ホーローは、鉄やアルミの様な金属に、
ガラス製のうわぐすりを高温で焼き付けたもの。
表面はガラスなので、化学反応を起こさず、
有害物質を出さないことから、今、かなり注目を浴びている。

のだそうです。
スポンサーサイト
2007.01.22

偶然、



封筒に影が映って、いい感じに。
2007.01.20

去年の



クリスマスに、
自分へのプレゼントとして購入したブックカバーです。
フェルト素材、文庫本サイズ。

ふかふかで、
なんか、冬って感じでしょ?

読む本が、少しずつ「かため」になってきちゃった自分へ、
カバーだけでも、柔らか&POPに。
Posted at 07:47 | もの | COM(9) |
2007.01.13

しつもん

こんにちは
きみ、だあれ?

どこからきたの?

きみの
たからもの、って
なに?

あめがふってて
すごくうれしい
そんなことってあるとおもう?

うそをつくのは
ぜったいに
いけないこと?

I love you.
いみ、わかかる?

(本文中の「しつもん」より)



「 きみに、しつもん 」
  ぶん・よしだ しょうこ  え・まつかわ めぐみ

こんな感じで、最初から最後まで、
全部で16の質問で、この本は貫かれています。

「こたえはひとつじゃありません
 こたえるたびにちがうかもしれません」 (本文、冒頭より)

成長とともに置いていってしまうのではなく、
一緒に連れて大きくなっていきたい。
その途中で、度々この「しつもん」たちに、
向き合う機会を持ちたい。
そして、変わっていく自分も含めて、この本を楽しみたい。
そんな同伴型の、ちょっと「大人な」絵本。

質問って、
答えが欲しいからするだけじゃなくって、
それについて、考えて欲しいからするものでもあるんですよね。

僕が絵本好きになったきっかけの、最初の3冊のうちの1冊。
Posted at 13:53 | 絵本 | COM(4) |
2007.01.13

MILLET

ここ数年は、めっきりショルダー派だったのですが、
なぜか最近は「旅人」に憧れを抱き始め・・・



「MILLET」のバックパックを購入しました。
これ、デカくていいですよ~。
新潟の中古ショップ「萬代書店」で、なんと¥3500!
我ながら、相変わらず買い物上手です。

もともと外出の際には、
「いかに少ない荷物で済ませるか」
の方に賭けるタイプだったのですが、
やはり大きいのは、心強いですね。

常備しているものは、
いつでも気分に合わせて、本を数冊。
いつでも乾きを許さない、水。
いつでもネタを逃さない、デジカメ。
いつでも・・・あ、もういいですね。

あと、ジェントルマンとして(笑)、
重そうにしている人の荷物を入れてあげたり。

そしてさらには・・・



姪まで入っちゃいます!!(実証済み)
Posted at 11:24 | もの | COM(8) |
2007.01.12

そりゃあ



もちろん、買いましたよ。
ほとんど一冊丸ごと、茂木さん特集です!
2007.01.11

新店

新潟の友人が、
昨年の11月、地元に炭火焼のお店をオープンさせました。
店名は「炭火焼 一助」。
焼き鳥だけでなく、海鮮や野菜も豊富に揃えています。



そのお店のロゴ・看板デザインを僕がやらせて貰ったのですが、
実は、僕が関わり始めた時点では、
店の方向性についての細部の決定は殆どされておらず、
店名に関しても、ロゴを作りながらの手探り状態。
そんな状態に、正直イライラしたり、友人との衝突も何度かありました。

が、その度に、僕が自分に呟いたのは、

「もう既に、評価や価値の定まったもの、
 完成されたものだけを見ているようじゃぁダメだ。
 もっと、どうなるか分からないものの中に、
 自らの身を置かなければいけない。」

という、これまた茂木健一郎さんの仰っていた言葉でした。

そう。ロゴを作りながら店名を決めていくなんて、
めったに経験できることじゃない。
これこそ、究極の「どうなるか分からない」じゃないか。
そう自分に言い聞かせ、せっせと案を出し続けたのでした。
(まぁ、そんなに大げさな事でもないんだけどさ・・・)

結果、オープンしたお店は、かなりいい感じ。
某有名焼き鳥店で修行を積んだ店主(友人)が、
じっくり丁寧に焼き上げますよ~。
(所在地等、詳しく知りたい方はご一報下さい)

色々ありましたが、何かが生まれるその瞬間に、
少しでも関わらせて貰えたことに、本当に感謝しています。



どうなるか分からない、偶有性にこそ寄り添いなさい。
そしてその下に、自らの全てを賭けなさい。

↑ うん。キマった。(笑)
Posted at 01:38 | お知らせ | COM(8) |
2007.01.11

黙っていても

実家にいる時は、

黙っていてもメシが出てくるし、
黙っていても汚れた食器が綺麗になっている。
黙っていても、お風呂には温かい湯がはられているし、
黙っていてもフカフカの布団が敷かれている。

と、思いがちな僕。

日頃の独り暮らしのせいか、
自分でやらなければどうにもならないこれら事が、
実家にいると、ついつい
黙っていてもそうなる事と感じられてしまう。

でも、この「黙っていても」、
黙っているとは自分のことで、
実際には、必ず「誰か」がやってくれているんだ。
当たり前ですよね・・・

そんなことを、
実家に帰って4日目あたりの入浴時に、
ふと思った次第です。

「誰か」さんに、感謝。
2007.01.09

この正月は、

年末あたりから気になっていた自然科学系(?)のビデオを観ようと、
近所のTSUTAYAで、
NHKスペシャル「地球大進化 ~46億年・人類への旅~」を借りました。



僕らの祖先(サカナみたいなトカゲみたいな奴)が、
最初に海中から陸に上がった「そもそも」って、
そんなにポジティブな理由じゃなかったんですね。
それは、探究心や冒険心なんかじゃぁ決してなく、
海中での生存競争に不利な身体だったが故の、という
どちらかと言うとネガティブな理由。
つまり、「陸上への逃走」的なものだったんですね。

それを観て僕は、
現代においても、それはやっぱ一緒かな、
とか思っちゃいました。

何かが生まれる瞬間、
というか、その発端と環境って、
そんなに明るいもんじゃなかったりする。
どちらかと言うと、「そうしなきゃいけなかった」って感じの、
ネガティブ&切実な状況だったり。
もちろん現代では、生存を賭けた進化やクリエイションなんて、
そうそうあるものではないけれど。

でも、なんか昨今の風潮って、
ある種の「ポジティブでなければいけない」的なプレッシャーが
とても強くある様に感じるんです。(僕だけ?)
それも大切なのは分かるんだけど・・・
よ~く分かるんだけど・・・

もし状況が決して良くはないのなら、
まずは、そのことを認めることが「次」に繋げるための、
新天地へと駆け上がるための第一歩なんじゃない?
なぁ~んて、そのサカナみたいなトカゲみたいな奴に教えられた様な、

そんな気がした正月でしたよ~。
ではでは~。
2007.01.06

新潟はぁぁ・・・



ボーナス払いじゃぁぁ・・・ ないんだぁぁぁぁ・・・!!!!
Posted at 20:50 | 路上にて | COM(6) |
2007.01.05

ごあいさつ




ちょっと遅れましたが、

新年、あけましておめでとうございます。

今、僕は、

過去にないほどの長期休暇にて、

実家の新潟でダラダラしております。

家族や友人に会って、

姪と遊んで、

美味しいものを食べて、

呑んで。

こちら(ブログ)の方には、

なかなか電源が入らない状態・・・

もうちょっとしたら、

序々にペース上げていきますね~。

まぁ、とりあえず、

本年も、よろしくお願い致します。
Posted at 17:21 | お知らせ | COM(8) |
2007.01.05

新年



志向性とは、「その向こう」を臨む精神の有様なり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。