--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.28

ことり文庫



ブログ「ただ、絵本を読む」のこうめさんが、
ついに!
お店をオープンされたようですよ~。

まだ伺っていないので、
詳しいことは書けないのですが、
ホームページにあるこの言葉が、僕は好きです。

「こどもの本と、その根っこにある
 ゆったりとおだやかな時間を扱っています」

お店の名前は、
子どもの本と喫茶「ことり文庫」。
ホームページは、右のリンクに追加しておきましたので、
詳しいことは、そちらでどうぞ~。
スポンサーサイト
Posted at 01:13 | お知らせ | COM(14) |
2006.12.24

Merry Christmas.




2006.12.23

Three Mens

バスケ界では、3人でパスを回しながら
コートを駆け抜ける練習のことを「スリーメン」といいます。



本日12月23日、クリスマスのイヴイヴ。
田舎から仕事の関係で上京してきた父、千葉に住む弟、僕の3人で、
男だけのクリスマス東京タワーツアーへ。(いいでしょ?)

初挑戦の「特別展望台(250m)」からの眺めを、
ちょっぴりお裾分けです。
2006.12.22

壁コレ



デジカメを持って街を歩くと、
何故か、壁ばかり撮ってしまいます。
何故か・・・







ホントは壁を、
撮りたいんじゃなくって、越えたいんだけどなぁ。



この、見えない壁を。( ← ちょい尾崎チックに・・・)
Posted at 01:36 | 路上にて | COM(0) |
2006.12.20

あ、




Posted at 01:37 | 路上にて | COM(4) |
2006.12.20

言葉って、

例えば、

人生において大切なことは、大抵「不可能」なことである。

と言った場合、
ここで使われている「人生」、「大切なこと」、「大抵」、「不可能」
といった個々の単語は全く、新しい単語でも、珍しい単語でもありません。
おそらくは、過去に何度も使ってきているはずの単語。

でも、その全てが上の文章の様な順序で、
上の様な接続のされ方で組み合わさった時に、
はじめて立ち上がる、新しい何かがあるんです。

全ては組み合わせだ、とはよく言われることですが、
そのことに、今日初めて、実感を持って気付きました。

言葉って。
2006.12.19

一生懸命。



ずいぶん前のことですが、
姪が、ベビーカーの前の部分に、
めっちゃ一生懸命に、噛みついていたことがありました。

僕はそれを見て、大ウケ&写真撮りまくり。
でもこれって、とっても不思議ですよね。
大人になったら、こんな事は絶対にやらないし、
万が一やったとしても、ここまで一生懸命にはなれない。

以前、こんな言い方を聞いたことがあります。

子ども時代は、決して、大人になるための通過点ではない。
人生におけるある時期が、
次の時期のための準備期間だということは全くなく、
それぞれの時期にしか見えない光景が、
人生の全ての時期に、たくさん用意されているんだ、と。

人生において、
「ベビーカーの前の部分に噛みつく」という事に、
こんなにも一生懸命になれる時期って、
この辺の年頃の時だけなんじゃないかな。

そして、その時の一生懸命って、大人になった僕らが、
仕事や趣味や恋愛や、その他のことに対してそうなるのと全く同じく、
大切な大切な、一生懸命なんじゃないかな。

そんなふうに、今さら思います。
2006.12.19

久しぶりに、



茂木さんのお話を聴きに行っちゃいました。
最新刊「やわらか脳」の刊行記念トークショー。
丸善、丸の内本店にて。

memo :

とてつもないクリエイションが行われる現場は、
いつも「日常」の中にしかない。

どんな生活者の、どんな細かな日常の中にも、
必ずや、「普遍」というものが、底光りして在る。
(という覚悟をもって、日常を見つめること)

例えば、
過去を振り返って「大切なこと」を思い出した時、
その時に落ちて行く(思い出されない)ものこそが、
人生のリアリティーを支えている。
2006.12.18

ど~も

こんばんわ。あ、間違えた、
かんばんは、たま~にいいのがあると、カメラに納めています。



こんなん↑、すごく好きです。
ストレートすぎて、思わず笑っちゃう。
ちょこっと木に隠れてるところも、またかわいい。

神田須田町のラーメン屋さん。
店名は不明。「ラーメン」としか書いてないし。
外から覗いただけですが、
店内は木造で潔く、シンプルでおしゃれでした。
Posted at 01:08 | 路上にて | COM(6) | TB(0) |
2006.12.09

a cup of coffee.






Posted at 16:42 | 絵づくり | COM(16) | TB(0) |
2006.12.09

街は、

クリスマス一色ですね。

話は変わりますが、小学生の頃、
マンガ「キン肉マン」に登場しそうなキャラクター(超人)を、
自分で勝手に創作して、ノートに書き貯めていました。

残念ながら、そのノートはもうありませんが、
30歳を目前にした今、またひとつ、
このシーズンに合わせて考えてみたので、
(というより、アレンジしただけですが・・・)
ちょっと、載せてみていいですか?



「 X'man 」

あ、どうでもいいですね。
2006.12.08

好きな写真




Posted at 07:54 | 路上にて | COM(0) | TB(0) |
2006.12.03

遍歴。

自己批評ができるかどうか、つまり、
自分のイタイところを曝け出すことができるかどうかは、
優れた表現者であるための、欠かすことのできない一要素だそうです。



初めて買ったCDは、
ザ・ブルーハーツの「トレイン・トレイン」、工藤静香の「恋一夜」。

中学時代にハマったのは、プリンセス・プリンセス。

高1では尾崎豊(残念ながら死去された後でしたが)。
高2でエアロ・スミスに衝撃を受け、
そこからジミヘンやツェッペリン等、60,70年代ロックへ。

20歳前後で、当時キテいたジョン・スペンサーやG・ラブ、ベック等。

ここ数年は、コルトレーン、ハービー・ハンコック等のジャズを少々。

しばらくは何も聴かない時期が続き、
(カッコよく言うと無音主義時代です・笑)
ここ数日の朝は、モーツァルトを嗜んでいます。

結果、一番好きなのは SLY & THE FAMILY STONE かな。
(全然、脈絡がないですね・・・)

ところで最近購入した i Pod shuffle 。
まだ音楽を一度も聞いたことがなく、
誰かさんの講演や大学での講義ばかり聴いています。
ここにきて、勉強熱心な僕。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。