--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.08

自分の色

「 ぞうってものは はいいろです
  それはだれでも しっています 」

レレブムは青い象です。
レレブムは自分の色が大嫌いです。
みんなと同じ灰色になりたい、そう願っています。




「 ぞうさんレレブム 」 文・絵 シュレーダー  訳 矢川澄子

自分の色が好きになれない。
そういうことって、僕もあったかも。
自分とは全く違った色を目標に掲げ、そこへ向って一目散。

でも、その途中で思ったことは、
(「気付いた」かどうかは分からないけれど、「思った」ことは、)
自分が嫌っていたその色を、
好きでいてくれた人もいるらしいということ。
自分の中の色のある一面が、
他人にはいい色として映っていたこともあるらしいということ。
自分の色とその周辺に目をやった時、
それを支えているのは、自分だけじゃなかった。

話は変わりますが、
ただ「いい色」というものはない、そう思います。
あるものが、ある色を帯びた時、
そのものは、「いい色をしている」と言えることがある。
また、ある色が、別の色の隣にきた時、
あるいは上に下に、重なり合った時に、
その色の組み合わせから、固有の良さが生まれる。
そういう在り方でしか、
いい色というのはあり得ないのではないか、そう思います。

だから、
色を変えようとしなくても、
その色が、よく見える場面を探してみる。
別の色をちょっとだけ組み合わせてみる。
そんなのも、ありかな?

レレブムは、緑になり、白になり、その度に傷いて、
最後にまた、もとの色である青に戻った時に
至上の安堵と喜びを得ることになります。

「 ああほっとした ラッタッタ
  みんなのいろは どうだって
  ぼくはやっぱり あおいぞう
  てんかいっぴん ラッタッタ 」

自分の色なんてのが、もし本当にあるのだとしたら、
何よりもまず先に、その色のことを、
もっともっと「解ってやって」みること。
自分の色が好きになれなかった僕は、
実は、自分自身がどんな色をしているのかなんて、
全く解っちゃいなかった。(笑)

今回はいつにも増して、
自分の側へ引き寄せて書いちゃいました。
本当は上に記した本文の様に、リズムカルで楽しい絵本です。
スポンサーサイト
Posted at 10:42 | 絵本 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。