--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.09

OBI



ドイツはSCHAAF(シャーフ)社のオルゴール、OBI(オビ)。
デザインは日本の加藤裕三さん。
長年グリコのおまけを作ってこられた方の様です。

ただのオルゴールなんです。
上部の赤と青を引っ張ると、土台の中央からの紐が伸びて、
それがゆっくりと戻っていくまでの間に音楽が奏でられる。
それだけ。
でもその戻っていく様が、
とてもとてもゆっくりで、それはもうゆっくりゆっくりで、
僕の様なおじさんは、そこに「人生」を見てしまったんですね。(笑)

だって赤と青は、
昇りつめようとした瞬間(ちょうど側面と上面の境目で)、
必ず一度つまずくんですよ。
それからまたゆっくり起き上がり、
それはもうゆっくりゆっくりと、最後には中央に辿り着く。

姪への一歳の誕生日プレゼントを探していて見つけたのですが、
お店の方にその場で「実演」をして頂いた際、
おじさんはもう、涙をこらえるのに必死だったんですから。

「 ぼくらはそこにない無数のものをこめて、それを見ている 」
 とは、野矢茂樹さんの言葉。
スポンサーサイト
Posted at 13:17 | もの | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。