--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.28

姪は、



ずいぶんと、ロックな感じに育っていました。(笑)
スポンサーサイト
2006.09.25

ぷつぷつ



実家に帰った際に必ずすること。
祖母に、洋服のとれかけたボタンを着け直してもらうこと。

まったく、情けないですね・・・
Posted at 08:21 | もの | COM(10) | TB(0) |
2006.09.23

ちょいと、



してきます。
2006.09.22

旅ガラス



永い間、波に揉まれて、
程よく角のとれたガラスの破片のことを
シーグラスっていうらしいですね。

新潟の友人と一緒に海に行った時に拾いました。
僕は「シーグラスに出会う力」を持ち合わせていない様で、
見つけたのは、ほとんど友人でしたが・・・
Posted at 08:16 | もの | COM(10) | TB(0) |
2006.09.21

駒形さんのこと

一度は群馬、もう一度は東京と、
二度のワークショップに申し込むも、
どちらも開催直前の(こちらの)アクシデントで参加できず・・・

見学だけでもと思い、群馬まで追いかけて行くも、
子どもたちに囲まれる駒形さんに、話しかける勇気を持てず・・・

後日、意を決して手紙と履歴書を送るも、相手にされず・・・(笑)

それでも僕は、駒形克己さんを尊敬しています。



駒形さんのワークショップは、親子を対象とするものが中心で、
一見とても単純な紙遊びの様にも見えます。
しかしその裏には、ご自身の知識と経験に支えられた様々な配慮があり、
それがとても自然な形でプログラムに反映されています。
だからこそ参加者たちは「単純な紙遊び」として楽しむことができ、
同時に、社会の中にも置き換えられる様な大切な概念を
知らず知らずのうちに体験することができてしまう。
そう思うのです。

駒形さんは仰ります。

「ワークショップにはルールがあります。
 しかし全ての人がルールに縛られてしまうのもつまらない。
 ある程度はみ出したものが許されていくのであれば、
 そのワークショップはとても面白いものになっていきます。
 ・・・少しだけはみ出す勇気と余裕を考えていきたい。」

「自分の思惑から、相手の個性が気持ちよくはみ出してくれる。
 そこから新しい価値観が生まれてくる。」

「子どもたちの中で解決できることって、案外たくさんあります。
 だから大人が何か言う前に、まず子どもたちの様子や反応を
 きちんと見極めること。それも大人の姿ではないかと思う。」

(以前、駒形さんがテレビに出演された際のコメントを、
 出来る限り正確になるよう心がけ、記述してみました)

そんな考えが、そのもとにしっかりと敷かれたワークショップ。



駒形克己(造本作家・デザイナー)
1986年ONE STROKE設立。多数の絵本を同社より出版。
ボローニャ国際児童図書展特別賞などの世界的な賞を受賞。
1994年フランス、リヨンで開催された展覧会は、
ワークショップとあわせ、国内はもとより
フランス、イタリア、スイス、メキシコなど、世界各地を巡回。
2006.09.20

Dragonfly CAFE

丸ノ内にはめったに行かないけれど、僕はここが好きです。



カッコいいけど、程よく普通で、
すいてる時でも、なんとなく活気がある。

数年前に一度だけ行ってて、
最近は、思い出した様に週イチくらいで行ってます。
(と言っても、まだ2回目ですが・・・)







ファッションブランド「CABANE de ZUCCa」がやってるカフェ。
青山にもあるけど、僕は丸ノ内店の方が断然好みです。
Posted at 21:41 | 場所 | COM(4) | TB(0) |
2006.09.20

姪が、



姪が、少しずつ歩き始めたらしいです。

まだしっかりとは歩けないその様子を、
妹が動画とメールで送ってくれました。

妹:「○○ねぇ、けっこう歩くんだよ。」
僕:「すげー!歩いてる!しかも、やっぱお前に似てるわ~」
妹:「撮ろうとするといっぱい歩かないんよね。
   もうすぐちゃんと歩けるようになるな、きっと。」
僕:(じっと見て、思わず涙・・・)

もちろん姪には、早くちゃんと歩ける様になって欲しい。でも、
立って、風船を追いかけて、すぐ転んで、
またすぐ立って、追いかけて、転んで・・・

ただ無心に繰り返す。
そんな今の姿に、おじさんは強く心を打たれるのでした。
2006.09.18

あかりだま



昼には昼の光が、夜には夜の灯りがあっていい。
いつから人間は、昼間の白い光を、
蛍光灯によって夜にまで持ち込むようになったのだろう。

そんな文章を、どこかで読んだ憶えがあります。

約4年前に購入。
僕の部屋の「夜の灯り」を作ってくれてます。
Posted at 09:40 | もの | COM(8) | TB(0) |
2006.09.16

休日の紙遊び

今日は朝から、紙を切ります。
そんな、気分です・・・


雲みたい。






こぉしたら、チョウ。






こぉしたら、ゾウ。




あ~、楽しかった。
でも、何でこんなことをしているのかというと・・・

この三連休、東京の丸ノ内では、
駒形克己さん(造本作家・グラフィックデザイナー)の
ワークショップ「ひとつがふたつ」が開催されます。
僕は、友人とその子どもを誘って参加する予定だったのですが、
訳あって急遽キャンセルすることに。

それで、変わりと言ってはなんですが、
こうして自宅で独り紙遊びをしているわけです。トホホ・・・
Posted at 10:32 | 絵づくり | COM(12) | TB(0) |
2006.09.15

隠れキャンバス



この夏の帰省時、
実家の台所のテーブル裏に、幼きころの落書きを見つけました。

そう言えば、なんとなく憶えています。
ヒマでヒマで仕方のない夏休みの午後なんかに、
だら~っと床に転がっていた時、
目の前に広がった大きな板が、ちょうどいいキャンバスに見えたこと。

描いたのはたぶん、僕と弟でしょう。
漢字の練習してますね。
計算みたいなこともしてますね。
それとやっぱり、
中央上の「あれ」は、子ども心に絶対かかせませんよね。

みなさんの家のどこかにも、「隠れた名作」きっとありますよ。

っていうか見つけたってことは、この歳になっても
やっぱりテーブルの下に潜り込んで寝てたってことじゃん(笑)
Posted at 08:14 | 幼いころ | COM(6) | TB(0) |
2006.09.14

くもり のち 晴れ のち …




Posted at 01:28 | 絵づくり | COM(4) | TB(0) |
2006.09.13

いったい、



浅草の路地裏にて。

いったい何のお店でしょうね?

通りかかった時には閉まってました。
すぐ後ろに「大衆食堂」ありますね。
目の前はパチンコ店(の裏口)で、
イカツイ顔のおっちゃんが、二人でタバコ吸ってました。

いったい何のお店でしょうね?
Posted at 00:32 | 路上にて | COM(6) | TB(0) |
2006.09.11

うつ和 part 2



左:
パスタから煮物、スープまで、
何でもたっぷりと入ります。
なかなかに、器の大きいヤツです。

右:
ちょっとしたサラダなどを入れるだけで、
もう、いっぱいになります。
なかなかに、器の小さいヤツです。

こちらは、合羽橋の「田窯」にて購入。
Posted at 08:19 | もの | COM(6) | TB(0) |
2006.09.11

一回性

「 強く印象に残る重要な出来事ほど、繰り返される必要はない 」

  茂木健一郎 「脳と創造性」より

印象的な体験ほど、強く心に残っている。
残っているってことは、残っているってことなんです。
自分の中に、強く刻印されているってことなんです。
だからもう、それだけでいいんです。

全てのことに「もう一回」なんてあり得ない。
全てのことが「一回限り」でしかあり得ない。
だからこそ、そこに尊い価値がある。

繰り返そうとはせずに、
また新たな「一回限り」を刻むこと。
Posted at 02:18 | ことば | COM(9) | TB(0) |
2006.09.10

うつ和 part 1



珈琲を入れる器は、和食器のほうが美味しそう。
じゃないですか?
ミルク系は黒い方で、ブラックは白い方で。
(あ、砂糖は入れますけど)
中と外の色が対称的な方が、それぞれが映えていい様な気がします。

日々の飲食、レパートリーは極少ですが、
器を変えることで「視覚的な」レパートリーを増やしています。(笑)

久しぶりに買った食器は、合羽橋「soi」にて。
赤堀友美さんという方の作品。
Posted at 14:11 | もの | COM(4) | TB(0) |
2006.09.10

東京の数字

6,361人のホームレスと、62万4400の空き家

59人の他殺死者と、2,567人の自殺者

4,276件のドメスティック・バイオレンスと、104軒のSMクラブ

44万件の無言・イタズラ110番と、4万1522人の聴覚・言語障害などの人



重~い事実に、POPなイラスト。
2003年に出版された「東京のかぞえかた」。
著者・吉田稔、イラストレーション・岡村慎一郎。

様々な数字の対比を通して、
東京の(というかこの世界の?)矛盾した現実を見ることが出来ます。

例えば、「59人の他殺死者と・・・」の後には、
他人を殺したくなる世の中は、こわい。
自分を殺すしかない世の中は、もっとこわい。と、

また、「44万件の無言・イタズラ110番と・・・」の後には、
無言電話は、イタズラとは限らない。
と続いています。

僕は東京に住んでいます。
部屋の窓から東京の空を見上げ、
その下、これらの数字のことを想うと、
なんだかとてもおかしな気持ちになってきます。

約3年前に出された数字たち、
今は若干、変わってきていることでしょう。
その変化が、くれぐれも良い方へ向っていることを願います。
(っていうのは、ちょっと「他人事」な言い方かな?)
Posted at 11:51 | 絵本 | COM(2) | TB(0) |
2006.09.09

OBI



ドイツはSCHAAF(シャーフ)社のオルゴール、OBI(オビ)。
デザインは日本の加藤裕三さん。
長年グリコのおまけを作ってこられた方の様です。

ただのオルゴールなんです。
上部の赤と青を引っ張ると、土台の中央からの紐が伸びて、
それがゆっくりと戻っていくまでの間に音楽が奏でられる。
それだけ。
でもその戻っていく様が、
とてもとてもゆっくりで、それはもうゆっくりゆっくりで、
僕の様なおじさんは、そこに「人生」を見てしまったんですね。(笑)

だって赤と青は、
昇りつめようとした瞬間(ちょうど側面と上面の境目で)、
必ず一度つまずくんですよ。
それからまたゆっくり起き上がり、
それはもうゆっくりゆっくりと、最後には中央に辿り着く。

姪への一歳の誕生日プレゼントを探していて見つけたのですが、
お店の方にその場で「実演」をして頂いた際、
おじさんはもう、涙をこらえるのに必死だったんですから。

「 ぼくらはそこにない無数のものをこめて、それを見ている 」
 とは、野矢茂樹さんの言葉。
Posted at 13:17 | もの | COM(6) | TB(0) |
2006.09.08

日々少しづつ、




季節は決してデジタルの様には計ることができず、
昨日までの季節の後ろ姿を見送りながらも、
それでも確実に次へと向ってゆくんだ、そんなふうに思います。

日々少しづつ、秋メータ感じになってまいりました。
皆さん、お体に気をつけて、この秋を楽しんじゃって下さい。

(しつこいほどの秋ネタは、これにて〆とさせて頂きますね)
2006.09.07

ほら、秋っぽい。



2006.09.06

秋ですね。



2006.09.04

まこっちゃん



「 川本真琴 」 川本真琴

珍しくCDなんかを載せちゃいます。
それもJ-POP。それもリリースは約9年前。
でもなんか好きなんですよね、これ。
買っては中古店に売り、また買っては売り・・・
そしてようやく、
「どうやらコイツは、ずっとそばに置いといた方が良さそうだ」
と悟るに至ったのであります。

いくつか歌詞を引用しますね。

“ 今してる事 みんな ずっと 覚えて いられるかな
  遊んで 泣いて そんで 知って 遊んで 泣いて そんで 知って ”
 「やきそばパン」より

“ 手をつないで お互い帰り道 ちがう「いつも」探してた
  きっと急いできたから なにか忘れてたの
  何度も何度も 指切りしたまま ”
 「ひまわり」より

“ あたしまだ懲りてない 大人じゃわかんない
  届かないって 言われたって このままジャンプしたい ”
 「1/2」より

うん、このままジャンプ、したいかも・・・
2006.09.03

petit picnic



皇居からほど近いこの場所が、僕はとてもお気に入りです。
平日は野外生活者っぽい方々が多く、
休日は家族連れやカップルがちらほら。

これからの季節、サンドイッチと文庫本の一冊でも抱えて、
(でもその本は読まないことがおすすめ・笑)
だらだらするのに、とてもいい場所。
Posted at 07:59 | 場所 | COM(10) | TB(0) |
2006.09.02

little yellow submarine



絵本を探しに。
Posted at 08:51 | 絵づくり | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。