--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.02

おもちゃに感すること

先日、かわいい姪のために某大型ショップへ玩具を探しに行ったのですが、
目につくものも、またこちら(僕以外の人)が目をつけるものも
その殆どがいわゆる「ボタン系」でした。
ボタン系とは(すみません僕が今勝手に系統づけたのですが)、
玩具本体に付いているボタンを押すことで、
音が鳴ったり、何かが飛び出したりと、
その玩具から何らかのリアクションが還ってくるもののことです。

確かにそういった玩具は様々な音を発するので、
一見とても楽しそうに見えます。
でもそれとは裏腹に、遊ぶ側がとるべきアクションは
「ボタンを押す」というひとつのみ。
強く押そうと弱く押そうと、還ってくるリアクションは同じです。
ボタンを押すと音楽が鳴る、ボタンを押すとアヒルが飛び出す・・・

幼いひとは、まだあまり多くのことを出来ないので、
「まずはその程度で」ということなのかもしれませんが、
その単純なワンアクションに対して「ボタン系」玩具には、
実に多様なリアクションが用意されています。
逆に言うと、玩具に何をさせるにも、
遊ぶ側は「ボタンを押す」だけで済んでしまう。
そこに何かやるせなさを感じて、
かわいい姪に「僕はこれを贈りたくない・・・」と思ったものでした。

それでも幼いひとは、勝手にあちこちをいじって遊ぶでしょう。
もしかしたら、そういった玩具にもそれ以上の発展があるのかもしれません。
開発にも多大な労力が注がれていることでしょう。
僕も「事情」に詳しいわけではないので、ここで書いていることは
あくまで、その時に僕が感じたことという範疇を越えません。

でもやはり思わずにはいられないのです。
この世界の多様な味わいは、決してボタンひとつで得られるものではないと。

こういったことはたくさんの方がおっしゃっているのでしょうね。
僕も同じく感じたんです。
スポンサーサイト
2006.07.02

ウチにも、



よく遊びに来てくれる、こうめさん(ブログ「ただ、絵本を読む」)の
もうひとつのブログで書かれていた「見えません」ということ。
大切な事、忘れないでいたい事を書いて、
目に付く所に貼っておくのだけれど、
時とともに、それがそこに貼ってある光景が当たり前になり過ぎて
いつの間にか全く目がいかなくなってしまう。
そんなこと。そんなもの。

ウチにもありました。

ホワイトボード。
専用のマジックも3色揃えたのに・・・

※「ビーフン」とは
野菜をいっぱ摂ることが出来て、一皿で済む料理。
だから、ビーフンで行こう!! という意味です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。