--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.21

念願。

wilk.gif

これ、ずっと欲しかったんです。
忘れてましたけど・・・

久しぶりに飲んで、そのままお持ち帰り。

WILKINSON、GINGER ALEのびん。
スクリューの様なびん。
スポンサーサイト
Posted at 12:10 | もの | COM(2) | TB(0) |
2006.03.21

唯一の歌声

いきなり、突拍子もないことを言っていいですか?
僕らが感じる「気持ち」の中で、風船の中に吹き込んだら、
いちばん空高く飛んで行きそうなのって何でしょうね。

「楽しい」は、低空飛行でピョンピョン跳ねる感じだし、
「好き」は、ちょっと熱を持ってる感じ。
「わくわく」は、まだ自分のものになりきってなくて、漏れて行きそうだし、
「怒る」とかトゲトゲしい感情は、そもそも入んなそう。
まだまだいっぱいあるだろうけれど・・・
そんなこんなで僕が思ったのは、「うれしい」っていう気持ち。
「うれしくて舞い上がる」って言い方もするし。
それに、時々思うんです、とっても喜んでる子どもを見ると、
「今、風船着けたら飛んでっちゃいそう」って。

dakutiru.gif

「だくちる だくちる」 ・・・はじめてのうた・・・
原案 V・ベレストフ
阪田寛夫 文
長新太 絵

この絵本によると、「うれしい」っていう感情は、
どうやら僕らが生まれる「ずっと ずーっと まえ」からあるらしいんです。

太古の昔、ずっと独りで寂しかったイグアノドンは、
ある日、小さな友だちを見つけます。
「だくちる だくちる」としか言えない友だち。
毎日毎日、「だくちる だくちるる」・・・
それでもイグアノドンは、うれしかったんです。
だくちるの声を聞けてうれしかったんです。
「もう どんどん ばんばん うれしかった」。 だって、それは・・・・・

ぼくらが生まれる「ずっと ずーっと まえ」にも、
誰かと誰かが出会った時、そこに「うれしい」って感情が生まれていたんだ。
Posted at 04:34 | 絵本 | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。