--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.10

06年2月9日 池袋 ジュンク堂にて

松居直さん(福音館書店 相談役)のお話を聴いて来ました。
松居さん(先生?)のお話を聞かせて頂く機会は3回目となりましたが、
いつも、本当に聞く側を魅了して下さいます。
絵本を心から愛されていて、良いものを創るための苦労を楽しみ、
活動的で、そしていい意味でマニアックです。

なんか、行く前は少しでもいい話を仕入れて、
ここ(ブログ上)でお伝えできたらと思って意気込んでいたのですが、
やっぱ、無理です。
僕が書くという時点でいくらか僕の勝手な解釈が入りそうで・・・
それはご本人にも読んで下さる方にも大変失礼であると。

でも、印象に残った言葉を一つだけ。
文章について話されていた中で・・・
「絵本は文字の文化ではない。声の文化である。」
大人が子どもに語りかけることが大切であり、そこに“絵本”が必要である、と。
スポンサーサイト
Posted at 00:59 | ことば | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。