--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.05

松居直さん「絵本のよろこび」より

「つまり子どものときに、子どもとして、
ほんとうに充実した経験をしていないと、
“ほんとうの大人”には成長しないということです。」

こういうのはこれだけの方が響くような気がするので、
僕からはノーコメント。

スポンサーサイト
Posted at 23:52 | ことば | COM(3) | TB(0) |
2006.02.05

ある ひ とつぜん

shiranai.gif

「しらないひと」
シェル・リンギ 作
ふしみみさを 訳

「ある ひ とつぜん、
 しらない ひとが やってきた。

 たちまち くにじゅうが
 おおさわぎに なった。」

「知らない人」ってやっぱり恐いですよね。
だから必要以上に自分の強さや賢さなんかをアピールしちゃう。

でも、強さとか正しさにばかりに気をとられている間に、
相手はとっても哀しんでいるかもしれない。
周りもみんな苦しんでいるかもしれない。

「ようこそ、わが くにへ」

そんな一言を言える人の方が実は強いのかもしれない。
Posted at 21:47 | 絵本 | COM(4) | TB(0) |
2006.02.05

たまらない気持ち

bokuno.gif

「ぼくのくれよん」 長新太

子どもって(大人でも?)遠足の当日に限って熱だしたりとかしますよね。
前の日から楽しみでしょうがない。

この絵本もそんな「たまらない」気持ちを言っているのかなって思います。
ぞうがおっきなくれよんで色んなものを描きまくる。
青を使えば池に、赤で描けば火事に。
他の動物たちにはけっこう迷惑かけちゃう。
でもぞうは、描きたくて描きたくてたまんない。

もしかしてこのぞうは、作者の長さん自身の姿かもしれないですね。

何かを好きな気持ち
誰かを大切にする気持ち
明日が待ちどうしい気持ち・・・
大事にしたいですね。

力のあるクレヨン画もとってもGOOD。
このブログもこんな感じで「びゅー」っといきたいものです。
※ちなみに上は最後のページです。
Posted at 00:08 | 絵本 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。