--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.12

食べれる粘土。


今日、テレビを見ていたら「食べれる粘土」
というものがあると、ある番組で紹介されていた。

その番組の中である出演者が言った。
「しかし、なんで粘土が食べれる必要があるんでしょう?」
(正確ではないけれど、だいたいそんな意味のことだった)
僕も、正直そう思った。食べなきゃいいんじゃない?と。

しかし、司会者(進行の人?)は言った。
「そもそもは、ある子どもの『粘土はどうして食べれないの?』
 という質問がきっかけとなって生まれた商品だそうです。」

なるほど。
もちろん、小さな子どもは何でも口に入れてしまうから、
万が一の時でも、それが食べれるものであれば安心。
よく考えれば、「食べられる粘土」には、
その必要性が確かにある。

でも、そのことよりも、
大人にとって粘土とは食べれなくて当たり前。
ところが、子どもにとっては
「食べられるもの」がこんなにもたくさんある中、
どうして粘土は食べられないのか?
そっちのほうが疑問なんだ、という

なんとゆーか、大人の「硬さ」とか「常識」とか
そういうことについて、改めて考えさせられた。
スポンサーサイト
2007.07.15

信じる。


初めて煙草を吸ったのは、おそらく中一の時。
近所のお寺の床下に潜り込み、友達同士で吹かし合った。
その一服を、本当にウマいと感じることができたなら、
それはもう「お子様」からは抜け出た証拠なのだ、と信じて。

「 信じることに場所をあけるために、
  知ることに制限をくわえなければならなかった。」

と、ある哲学者は言ったらしい。

知ることはとても大切だけど、
知っても知っても、僕らには所詮、
この世界の全てを知り尽くすことなんかできない。

だから、
ある地点で「知る」を諦めちゃって、というか、
知ることで理解する(した気になる)ということに歯止めを打って、
変わりにそこから先は、ただ無心に信じてみる、
なんてのも、たまにはいいんじゃないか。
信じるという心の在り方でしか観えてこないものも、
きっとあるんだろうし。



妖精については、
あまり知り過ぎない方がいいのだろうか?

降り続く雨に気がしずむ日は、
なんだか、そんなことも考えてしまう(笑)
2007.06.27

セーヌ左岸


写真というものが
瞬間を切り取ったものであるとすれば、
写真を見るという行為は、
流れる時間の中に在りつつ「瞬間」を見つめるという、
二つの時間の対峙なのですね。

それは常にかなわない。
感情を、掻き立てる。






写真は、エルスケンの
写真集「LOVE ON THE LEFT BANK」(セーヌ左岸の恋)より。
2007.05.20

マツ



待っているあいだに、
その待っているものでしか埋められない形が、
自分の中に「隙間」として作られていくのだと思う。
鍵と、鍵穴の様に。

今日も東京は、いい天気です。
2007.05.19

ないだろうか。


世界はおそらく

ひとつしかないけれど、

世界の見方ならば無数にあって、

できる限り

ひとつに固執したくはないから、

時にはこんなふうに、

転がってみたり、

目隠ししてみたりもしつつ、

日々、新鮮な見方というものを・・・





ある程度長く生きてると、
常識やら偏見やらでベタベタになった世界の見方を、
あたかもそれだけが本当であるかの様に、
思い込んじゃって、信じきっちゃって・・・

それは、なかなかにつまらないことだ。

でも、うま~く
その「ベタベタ」を剥ぎ取ることができたなら、
そのあとに見えてくる世界の姿って、案外、
子どもの見ている世界に近かったりするんじゃないだろうか。

何か新しい分野について学ぶってことは、
その「ベタベタ」を剥がす為の、一つの良い方法になると思う。

してみると学ぶってことは、
ある意味では、子どもに還るってことでもあるんじゃないだろうか。
2007.05.06

窓辺にて


こんなふうに、
瓶に生けるだけでも、イケるんだね。



GWも、残すところあと一日。

あと一日しかないんだなぁ。
でも、これが普通の連休中だったら、
あと一日あるんだなぁ、って思うんだろうなぁ・・・

そーたい性ってヤツだなぁ・・・
2007.04.21

無いものを



昔の日記や作品を、全く持っていない。
全部捨てちゃってる。

特に「捨てること」にこだわりはないけれど、
逆に「持ち続けること」にこだわりもない。

ときどきは思い起こして、
あぁ、見たいなぁ、読みたいなぁ・・・
と思うけれど、

もしずっと手元にあったなら、
見たいなぁ、読みたいなぁ・・・という
あの独特な「無いものを想う感覚」も持てないんだろうなぁ、
とも思う。

見ることで想うか、
見ないことで想うか。
2007.04.13

欠損も、



個性のひとつであると捉えるならば、
こうなってからが本当の、モノとの付き合いの始まりなのだろう。

と、言い聞かせてみるも・・・
やっぱりショック。
2007.04.02

日曜日も、



ことり文庫さんに伺いました。
3度目です。
(注:決して泊まり込みではありません)

やっぱフランス人って、幼い頃から、
愛について、哲学的な思索を重ねてるんだなぁ、
と思わされた一日でした。
2007.03.31

土曜日は、



ことり文庫さんに伺いました。
2度目です。

最近は、
ずっとコーヒーばかり飲んでいたんだけれど、
気合いを入れてスコーンを食べる時には、
やっぱ紅茶の方が合うんだなぁ、と気付かされた一日でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。